家探し

一条工務店の不満なところ

一条工務店の不満なところ。たくさんいいところのある一条工務店ですが、不満な点もいくつかあります。満点の家はない。とはわかっていても、将来直してくれるといいなという点を書きました。一条工務店ファンの方は気分を悪くされる方もいると思いますので、読まないでください。

 

一条工務店の不満なところ

 

価格が不満

昔は価格の値ごろ感と性能のベストマッチがウリになっていましたが、今は価格の値ごろ感はなくなり性能の高さだけがウリになっています。

価格帯的には、ライバルの鉄骨系ハウスメーカーや高価とされる三井ホーム、住友林業に迫ってくるものがあります。一条工務店の坪単価は本体価格が70万円、トータルでは100万円越えのケースもあります。

【20年7月】一条工務店 3階建ての坪単価 ismart グランセゾン 東京編

 

一条工務店の住宅販売数はいまや日本一。最大手、最量販のハウスメーカーになてっています。価格が高くなってしまったのは、他の会社では作れない高断熱高気密住宅という付加価値に家を買おうとする人が気づいてしまって、値段を高くしても売れる、という状態になっているのも理由としてあると思います。

営業・販売・生産・施工を含めて合理的なシステムでやっている一条工務店なので、もう少し頑張って安い値段で販売してくれればいいんですが、海外で家を建てる値段と比べると高すぎます。

例えば、間取りの制約を付けたパッケージ売りを増やすとか、お客さんが自分でも間取りが設計しやすいようなシステムを作るなどして、コストを減らすことはできないのかな。

間取りづくりの一条ルールのわかりにくさも手間。基本的なダメなルールを望むお客さんには公開、間取りをアプリに組み込んで、だめな間取りは理由と一緒に教えてくれれば、勉強好きが多い一条の顧客とのやり取りもはかどって、余計な手間もへると思います。

 

 

間取りの微調整ができない

間取りの微調整が出来ないので土地を最大限に有効に使うことができない。

これは良し悪しで、間取りの微調整が出来るようになると手間が増えてしまって価格が上がるのかもしれませんが、1坪300万円以上するような都心の狭い土地に家を建てるときに致命的。

容積いっぱいに建物は建てたいけど、隣地や道路との斜線の関係で容積を十分に有効活用できない場合もあるかと思います。

 

また、尺貫法の家なので、一マスで廊下を作ると、幅は実質70CM。これもなんとかしてほしいな。

 

 

天井が低い

オプションで上げられますが、基本は240CMの天井高。3階建てはオプションも選べません。

250CMは欲しいところです。

 

デザインがいまいち

どこかにやぼったさが残ります。

例えば、凸凹がやたら多かったり、いまいちすっきりしていないんですよね。

洗面所の壁付けの蛇口とかも、掃除とかでは便利なんでしょうけど、実用性重視ですよね。

もう少し、どーにかできるといいのですが。。

 

ダブルボールも選べないのも不満。

https://www.instagram.com/p/BNdI3nAjSFY/?utm_source=ig_web_copy_link

 

 

もちろん、オシャレな一条の家に住んでいる方もたくさんいるのですが、住人の圧倒的なセンスの良さで補っている感じもします。

 

一条の全館空調は中途半端

一条工務店は、全館床暖房とロスガードという無茶苦茶優れた全館空調システムがあるのですが、HVAC(Heating, ventilation, and air conditioning、熱と換気と調湿を含めた空調)がバラバラになっています。

どういうことかというと、理想は、一つのリモコンで、温度(暖房と冷房)・湿度のコントロールと換気を自動で一定に制御することです。例えば、温度25度、湿度は40-50%、換気は常時、みたいに設定しておけば、あとは勝手に機械が空気を整えてくれること、これ理想ですが、現状のシステムではこれができません。

一条工務店の空調システムの現状は、床暖房のシステム、換気のシステムがバラバラ。そして、冷房と除湿は全館空調システムではなく、エアコンで制御する必要があり、さらに加湿はオプションです。

つまり、機能毎に分かれた機械がバラバラになっています。「空気」という観点からは統合制御できるようにしてもらえればいいので、ロスガードに冷房と除湿機能が加われば無敵なんだけどな。

改善してほしいポイントです。

 

家を建てるときには、何台エアコンがどの部屋に必要で、家を建てた後にはどのエアコンを使って空調して、どういう設定で動かすか、天気に合わせていちいち考えなければならないのも面倒です。

実際にエアコンを使われている方の口コミもあったので紹介します。

湿度が高すぎる エアコン2年で買い替え

 

ただ、念のため付け加えると、そもそも日本では戸別に設計された全館換気を行うシステムを持っている家を標準搭載させている家はないというのも事実。一条工務店はかなり進んでいるのですが、完璧ではありません。

器具が高くなるという声も聞かれそうですが、原理的には、エアコン機能をロスガードに搭載するだけ。目障りなエアコンが部屋からなくなって、制御もなにも考えなくてよい。

うまくやって開発してください!

 

まとめ

満点な家はないかもしれません。

でも、日本一のハウスメーカーとなった一条工務店は、10年先、20年先を見据えて、住む人が快適な家の開発を行ってほしいと思います。

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2019年時点で旅行好きの方に一番お勧めでき ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-家探し

Copyright© しろくま無添加 写真&子連れ旅行記 , 2020 All Rights Reserved.