家探し

Smart Light System

新築やリフォーム時にスマートスピーカー連携のスマートライトシステムを導入する方法。

 

Panasonic

リンクプラス

アドバンスシリーズ リンクプラス。

スイッチをブルートゥースで操作できる仕組み。

スイッチだけかえればいいので、これまでのシステムと比べて、施工時の作業性が良くなっています。また、既設住宅の導入もハードルが低いかもしれません。

 

スマートスピーカーとの連携には専用の無線アダプタが必要になります。

panasonic smart lighting system

 

リンクモデル

ややこしいですが、リンクプラスではなく、「リンクモデル」というものもあります。リンクモデルでは、ブルートゥースの代わりに専用の無線電波を使ったりするのでややこしいシステムです。

 

 

 

アドバンスシリーズリンクモデルのレビュー

実際に導入されている方の、レビュー記事もありました。

 

結論から申し上げますと、今のところ皆様にオススメできそうです。
シンプルで日頃のスイッチ操作も結構楽だと思います。

 

アドバンスシリーズリンクモデルの設定と導入した感想

https://grand-saison.com/link/

 

安くするにはとったらリモコン

アドバンスシリーズのリンクプラス・リンクモデルはそれなりにお値段がするので、費用を押さえたい人にオススメなのがPanasonic純正の赤外線対応スイッチとスマートリモコンの組み合わせ。

とったらリモコンは、赤外線でスイッチをオンオフするスイッチです。

他社製品のスマートリモコンと組み合わせることでアレクサとの連携が可能になります。

 

コイズミ

コイズミのものは、スイッチや、ライトコントローラーをスマートブリッジと言われる無線機と連携させて、Wi Fiルータとつなぐ仕組みになります。

 

Koizumi Tree System

 

DAIKO

無線対応のシーンコントローラーと社外品のスマートリモコンを使う仕組み。

シーンコントローラーのリモコン電波を使用して、シーンコントローラーとスマートリモコンをつなぎます。

汎用品のスマートリモコンのアプリを使えるので、自社開発のよくわからないアプリに頼る必要がなく、ある意味、信頼性が高いかもしれません。

 

Daiko スマートスピーカー連携

 

オーデリック

Bluetooth対応照明と専用タブレットとスマートスピーカーを連携させる仕組み。

Bluetooth対応の人感センサーもあったりして、いろいろと遊べそう。

https://www.odelic.co.jp/products/2019special/smart_speaker_control/

 

スマートライトシステム

PhilipsやGEのような歴史あるブランドから、怪しげな新興メーカーまで海外製品ではいろいろな種類が出ているスマートライトシステムですが、日本ブランドは何周も遅れてしまっているように見えます。

種類は少ないし、何より値段が高い。

スマホをはじめとする設備が整ってきているので、照明の分野はここ数年で一気に花が開くと思われます。

世界をリードしていた家電メーカーの意気込みを見せてほしいです。

 

照明計画

【間接照明おおめ】一条工務店の照明 LEDキャンペーン利用か社外品か

 

 

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2020年時点で独身で遊びたい人にも、家族連 ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-家探し

© 2021 しろくま無添加 写真&子連れ旅行記