節約術

【年収別】5人家族の理想の生活費と現実 実際にいくらかかっているか内訳を公開します

2017/11/18

5人家族の理想の生活費と現実 実際にいくらかかっているか内訳を公開します。

家計簿のつけ方はいろいろあって本屋さんに行くと、家計簿の本がたくさん並んでいます。

アプリもいろいろあってどれがわからなくなりますよね。

我が家がどれぐらい使っているのか、公開します。

 

5人家族の家計簿 固定費 170万円

ここでは、毎月そんなに変わらない費用を固定費としています。

食費に84万円。

光熱費、通信費、教育費の合計で年間850,000円かかってました。

ここまでで合計年間170万円。月15万円ぐらいです。

 

住居費(家賃やローン)がこれにのっかってきます。

後程紹介する理想の家計での収入に占める割合は4分の1だそうですが、東京だともっとかかる気がします。

住居費高いですよね。。。

 

食費 84万円

5人家族や4人家族だと食費は月々だいたい7万円ぐらいが目安だそうです。年間84万円。

お酒代や外食代は含んでいません。

【最新】2人家族、3人家族、4人家族、5人家族の人数別食費代

 

光熱費 年間23万円

月々2万円弱。年間23万円

5人家族の光熱費 月当たりと年間支出額実績 4人家族時代の実績も。

 

通信費 年間12万円

NTT、プロバイダー代と携帯代。 大体月1万円 年間12万円。

これは平均より安いほうだと思います。理由は、携帯代を3台で端末代入れて4500円で抑えているから。

UQモバイル端末代を除くと月300円ぐらいです。

 

  • NTT 5000
  • プロバイダー 1000円
  • 携帯代合計 4500円 (3台分)

UQモバイル 一回線当たりの年間維持費 機種別月々支払額表

 

教育費 年間50万円

学校関連や、習い事。子供の年齢が上がるにつれて増えていきます。

ここはかける家はかけるのでしょうし、人それぞれかと思います。

我が家は子供がまだ小さいので月4万円ぐらいです。年間50万円程度。

 

 

5人家族の家計簿 変動費

変動費としましたが、生活スタイルを大きく買えない限りは、ならしてみれば、固定費のような費用かもしれません。

 

美容費・被服費 ??

働いている人、おしゃれな人でいろいろちがってきますよね。

 

レジャー代 ??

旅行大好きなので結構かかっているはず。

いくらかかっているか怖くて全部の計算はしていませんが、スキー代を計算してみました。

 

家族旅行のスキー代

子供とスキー 子供用のスキー道具、服装と選び方 わが家の持ち物リストも公開しちゃいます

 

耐久消費財

1年以上使えるものを耐久消費財としてみました。要は家電や家具です。

これまでの計算では入れていないので、加えてかかります。

家電は数年で買い換える前提で。

家電代 総額100万円 年あたり14万円

テレビ、洗濯機、PC、もろもろの家電のおすすめをリスト化してみました。

それぞれの家電の寿命を推定して年あたりの費用を計算しています。

【2017年】新生活おすすめ家電リスト

 

家具 ??

これもピンキリですね。

IKEAやニトリでそろえるか。

ハイブランドの家具でそろえるか。

中古家具なら安く抑えられるかもしれません。

 

 

贅沢品

生活には必須ではないですが、色どりを与えてくれるもの。

車 関連経費は年間100万円??

5人もいると大きな車が欲しくなりますね。東京では車は必需品ではないので贅沢品に分類してみました。駐車場代が高いんですよね。。

車を持つことでいろいろな費用が掛かりますが、まず車を持つことでの維持費から。

  • 都内だと駐車場が、年間42万円。(月3.5万円の場合)
  • 保険代が安くても年間2万円。(車両保険無し)https://www.axa-direct.co.jp/auto/introduction/model_case_car/
  • 車検代 年間7万円 (14万円/回 重量税、自賠責込)
  • メンテナンス費用 年間10万円

これで年間61万円。都内で駐車場のない家に住んでいると維持費のほとんどは駐車場代に持ってかれてしまいます。

そして、忘れてはいけない車の購入費。金利負担がない現金一括払いで10年使って乗りつぶすと考えると、200万円の車でも年間20万円。400万円の車なら年間40万円。800万円の車なら年間80万円。1600万円の車なら・・・(以下省略)

維持費と購入費を考えれば、合計で年間100万円ぐらいはかかりますね。(400万円の車の場合)

週末のみのドライバーなら月8万円分のレンタカー利用と同じぐらいという結果です。

経済性で考えれば、駐車場代が必要な都内なら、車を買うより、レンタカーやタクシーに乗っていた方が安いというのもうなずけます。

商売をやっている人でなければ、車はいらないですね~。欲しいけど。

 

実際の車関連経費は、これに、ガソリン代や高速代がのっかってもう少し必要ですね。

参考: メルセデスベンツCクラスの月間・年間維持費はいくらなのか

 

別荘 年間100万円程度

まぁピンキリなんでしょうけど、建物土地代込み4000万円ぐらいの別荘とかなら、年間必要なお金は車と同じぐらい。

車と同じぐらいの費用というのはちょっと意外でした。車が高いという事なのかな?

別荘の一年間の維持費用 管理費とか税金

 

忙しい人なら、あまり別荘に行く機会も作れないでしょうから、ホテルのスイートルームにあちこち泊まるというのもいいかも。

費用的にはこっちの方がはるかに安いし、場合によっては無料で泊まれる場合もあります。

【2017年最新入会キャンペーン】SPGアメックスのメリット・デメリットと裏技 まとめ 4年使ったからわかる事

 

趣味費

これも人それぞれですね~。

 

 

年収ごとの理想の家計

横山光昭さんが考案した「お金がたまっている家」の費目の理想割合

NHKあさイチで話題になった6000軒の家計を立て直したファイナンシャルプランナーの横山光昭さんが考案した「お金がたまっている家」の費目の理想割合。この理想の割合をもとに、月額手取り額毎の理想の家計表を作ってみました。

お給料が増えても実際にその分だけ水道代や通信費が増えるわけではないと思うので、実際には水道代や通信費といった費目は変わらず、他の費目が増えるか投資や貯金を殖やすのだと思います。

また、家族の人数によっても食費や教育費は変わってくるのであくまで目安程度に考えておけばよさそうです。

 

理想の割合

 

理想の家計 黄金比率

 

年収別理想の費目

手取り額毎の理想の費目表を作ってみました。単位は万円で月当たりになります。ご自身の手取り額を以下の表に当てはめてみる場合には、手取り額はボーナス込にした月平均です。年間のボーナス額を12で割って加えてください。

 

年収 480万円 850万円 1250万円 1700万円 2150万円
手取り 月額 手取り30万円 手取り50万円 手取り70万円 手取り90万円 手取り110万円
住居費 25% 7.5 12.5 17.5 22.5 27.5
食費 15% 4.5 7.5 10.5 13.5 16.5
水道光熱費 6% 1.8 3 4.2 5.4 6.6
通信費 5% 1.5 2.5 3.5 4.5 5.5
小遣い 8% 2.4 4 5.6 7.2 8.8
預貯金 18% 5.4 9 12.6 16.2 19.8
生命保険 4% 1.2 2 2.8 3.6 4.4
日用品 2% 0.6 1 1.4 1.8 2.2
医療費 1% 0.3 0.5 0.7 0.9 1.1
教育費 4% 1.2 2 2.8 3.6 4.4
交通費 2% 0.6 1 1.4 1.8 2.2
被服費 2% 0.6 1 1.4 1.8 2.2
交際費 2% 0.6 1 1.4 1.8 2.2
娯楽費 2% 0.6 1 1.4 1.8 2.2
し好品 1% 0.3 0.5 0.7 0.9 1.1
その他 3% 0.9 1.5 2.1 2.7 3.3
合計 100% 30 50 70 90 110

 

本田静六の理想の家計の割合

マネー本には結構お名前が出てくる、本田静六さんは、日本の「公園の父」といわれる明治時代の一。

収入の4分の1は貯金。残りの4分の3で生活したそう。

現代でこれを実践するのは難しそうですが、天引き貯金の考え方に近いかも。

 

 

 

節約術

旅行代の節約方法①

無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由

 

旅行代の節約方法②

【2017年最新入会キャンペーン】SPGアメックスのメリット・デメリットと裏技 まとめ 4年使ったからわかる事

 

関連記事です

-節約術

おすすめ記事一覧

1
【2017年最新入会キャンペーン】SPGアメックスのメリット・デメリットと裏技 まとめ 4年使ったからわかる事

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、20 ...

2
無印良品で実質35%引きで買い物をする方法

目次1 無印良品で実質35%引きで買い物をする方法 ソニーストアやノジマでも同じ ...

3
【10月以降もまだいける2017年最強の還元率57%以上】ふるさと納税でモンベル商品券 モンベルポイントに交換してみた

  (2017年10月追記)小谷村のお得なモンベルポイントへの交換は壊 ...

4
無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無 ...

5
【無料】子供分の海外旅行傷害保険もカバーしてくれるクレジットカード

目次1 子連れで海外旅行に行く場合のクレジットカードは?2 我が家のお勧めのクレ ...

6
【2017年】初心者向けにおすすめのオリンパスミラーレスカメラ

スマホじゃとれないキレイな写真を撮ろうと思ったけど、一眼レフ、ミラーレス、色々あ ...