一条工務店

一条工務店 LANケーブルをCAT5eからCAT6A対応10Gbpsに変える

一条工務店のLANケーブルは通信速度1Gbpsのカテゴリー5eに加えて6Aもオプションで選べるようになりました。5eと6Aの違い、どんな人が6Aを選ぶべきか説明します。

 

カテゴリー5eと6Aの違い

カテゴリー5eと6Aの違いは通信速度の違いです。

カテゴリー5eは20年以上前の規格。このままだと最新の高速インターネットの速度10Gbpsに対応できないので、ケーブルを変えてもらう必要があります。

一条工務店の先輩施主さんはいろいろと苦労されていましたが、先輩施主さんのおかげで、カテゴリー5eからカテゴリー6Aへの変更も正式オプションになりました。

一度LANケーブルを引いてしまうと交換は無理か難しいので、10年先を見据えて高速回線を引いておくというのが、6Aを選ぶ人の理由です。

逆に、無線がさらに進化する、あるいは、4K、8Kといった動画は見ない、ということであれば、5eを選ぶという選択肢もあります。

 

10gbpsで通信する方法

10gbpsで通信できるとインターネットが高速でつながり、PC⇔外付けHDD(NAS)⇔TVを内蔵HDD並みの速さで結ぶことができるので、4K動画(将来の8K動画)を遅延なく見たい時や、ちょっとしたホームオフィスにも対応できるようになり便利です。

【レビュー】Synology DiskStation DS720+の評価と感想 我が家3代目のNAS

10gbpsで通信するには、①インターネットを対応プランにして、②有線LAN、もしくは③無線LANの環境を整備しておく必要があります。

インターネット

  • 光回線業者のプランを10gbpsにする(Nuro光が安い)

有線

  • LANケーブルを対応ケーブル(カテゴリ6A以上)にする
  • PCのLANカードを10gbpsに対応してものにする
  • 複数の機器に有線でつなぐには10gbpsに対応しているスイッチングハブ(複数のLANケーブルに信号を分配できる機械)を用意

 

有線LANのカテゴリー

2020年頃までは、Category 5 e (CAT5e)が一般的で、10gbpsに対応するCategory 6 a (CAT6a)以上の規格についてはなかなか部材が無かったのですが、政府肝いりの「GIGAスクール構想」の標準仕様に「10Gbpsで接続可能なCat6A以上のケーブル利用を指定する」ことが求められてくるなどしたため、一気に対応製品が増えてきました。

LANのカテゴリー表

カテゴリーケーブルタイプ通信速度帯域幅
Category 3 (CAT3)UTP10 Mbps16 MHz
Category 5 (CAT5)UTP10/100 Mbps100 MHz
Category 5e (CAT5e)UTP1000 Mbps100 MHz
Category 6 (CAT6)UTP or STP1000 Mbps250 MHz
Category 6a (CAT6a)STP10,000 Mbps500 MHz
Category 7 (CAT7)SSTP10,000 Mbps600 MHz

 

LANケーブルのカテゴリーについてはこちらもご参考ください。

【お勧めは?】LANケーブルのカテゴリーの違いと選び方

 

無線

回線を引く必要がないので費用はこちらの方が安め。

  • 無線でつなぐ場合は、10gbpsに対応したWifi6規格(11ax、最大通信速度9.6gbps)の無線wifiルーターを用意する
  • 無線でつなぐ場合、利用する端末もwifi6に対応したものにする

 

一条工務店の家で10gbpsで通信するには

一条工務店の家は床暖房が標準装備。銀世界と言われる床暖房パネルが電波を邪魔してしまうので、階をまたぐWifi電波が飛びにくい。

disadvantage-ichijo-house

一条工務店の銀世界

 

LANケーブルを1階⇔2階⇔3階と通しておいた方が安心。

 

一条工務店のLANケーブルはカテゴリー5eと6Aが選べる

一条工務店の家にもLANケーブル敷設のオプションがあります。

しかし、冒頭にも書きましたが、一条工務店のLANケーブルはカテゴリー5e、最大速度は1Gbpsです。カテゴリー5eは1999年に認証された古い規格なので、最近増えてきた10Gbpsのインターネットに対応できません。

要は、一条工務店のLANケーブルはカテゴリー5eの1gbpsが最大の通信速度の古い規格なんです。

なので、標準品のままでは10倍の速さの通信が必要な10gbpsには対応できません。

そこで、10gbps対応のLANケーブルに変更してもらうか、空配管を通してもらい、後で自分か自己手配の業者に頼んでケーブルを通してもらう必要があります。

但し、空配管を別に通す場合、壁の中の断熱材を削って配管を通すことになるので、その分、断熱効果が下がるらしいという点も頭の片隅に置いておきましょう。

 

JC/JCT/JCLとは?

一条工務店には情報コンセントと呼ばれるコンセントがあります。これは、LANケーブル、TV線、電話線が複合ケーブルで配線され、一つのコンセントから取り出せるコンセントです。

一条工務店の情報コンセントには、JC/JCT/JCLとよばれる3種類があります。

情報コンセントが導入される以前は、TVやLAN、電話線をそれぞれ別に配線する必要がありましたが、情報コンセントは配線をひとまとめにして行うので、現場施工の手間が少なくなり、その分、個別に配線を行うより費用が大幅に安く済むというメリットがあります。

 

JCはLANとTVとTELと全部乗せのコンセント。JCは情報コンセントの略です。

最近では電話線を使う人は少ないので、テレビ裏のコンセントに一応つけておき、もし電話が必要になったときには親機をつないでテレビのキャビネットの中にしまう、という方が多いそうです。

 

ちなみに、情報コンセントと大元の情報ボックスは、因幡電機産業の「情報配線 アバニアクト」という商品になります。

 

情報コンセント JC 13000

情報コンセント JC 13000円

 

JCTはLANとTVとコンセントの組み合わせ。テレビを部屋で見たい時には必須。

スマホやタブレットでの映像コンテンツが見られますし、教育方針や家でのテレビの使い方次第ですが、とりあえず、各部屋につけておこうと思います。

情報コンセント JCT 11000

情報コンセント JCT 11000円

 

JCLはLANとコンセントの組み合わせになります。

配線費用もコミコミで7500円でコンセントとLANがついてくるので、かなり安いのではないでしょうか?

情報コンセント JCL 7500

情報コンセント JCL 7500円

 

電話回線はあまり使うことが無いので、JCTかJCLがメインでよさそうですね。

情報コンセントは情報ボックス採用時には2か所迄が標準サービスですが、情報ボックス(JP-DA)もグランセゾンやismartであればオマケでついてきます。

グランセゾンやismartであれば情報ボックスと情報コンセント2か所がオマケでついてくると考えていいでしょう。

 

配線と配管

ややこしいのですが、情報コンセント以外にもLANを通す方法があります。

配線と配管をする方法です。これは昔ながらの方法で、配線と配管が必要なものになり、LANの配線と配管であれば、費用は15700円(しかも税別)になります。

(地域によって値段は異なるそうです)

情報コンセントの方が安価なので、こちらを積極的に選ぶ理由は乏しいですね。

 

但し、将来の「何か」への備えとして、テレビ、寝室など主要な部分に空配管を通しておくこともあります。

情報コンセントのコードは交換不可なので、保険替わりにつけておこうと思います。

 

一条工務店 LAN 配線

一条工務店 LAN 配管

 

 

カテゴリー6Aへの変更費用

一条工務店のLANケーブルをカテゴリー6Aに変更する場合の費用。

LAN配線/配管費用

古いカテゴリー5eを使う場合の費用と配管だけを通す費用。

使わない空配管でも、将来、配線をするために何かの線を通しておいた方が良い、という話。

その線を使って将来配線ができます。

 

情報コンセントのケーブルを6Aに変更する方法

情報コンセントのケーブルは複合ケーブルと呼ばれるLANと電話線やTV線が一緒にまかれたケーブルになっています。

21年より、オプションで1か所8900円でLANケーブルを6Aに変更できるようになりました。オプション表にもしっかりCAT6Aが追加されています。

6Aの導入費用は、LANと電源が付いた情報コンセントJCL(7500円)であれば、6A導入オプション8900円を足して、16400円(税別)ですね。

 

これまでの施主さんが要望してくれたおかげです。先輩施主さんありがとうございます!

私としましても、この後の施主さんの為に、元々高いものではないので、オプションでなく、標準にするよう、言ってみようと思います。

他社(アイ工務店)では1か所3000円でできるそうです。

実際にカテゴリー6Aへ変更された方

昔といってもちょっと前ですが、カテゴリー6AへのLANケーブル変更費用は配線5本で7万円程度でかかったっそうです。

これに加えて変更前の費用も掛かりました。

 

CAT6A配線5本 22000円

LANジャック変更7600円

電気配線工事(テスト含む)36000円

(すべて税抜き)

 

LANケーブルのカテゴリーの違いと選び方

LANケーブルのカテゴリーの違いと選び方に興味を持った方はこちらもどうぞ。

 

【お勧めは?】LANケーブルのカテゴリーの違いと選び方

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2020年時点で独身で遊びたい人にも、家族連 ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-一条工務店

© 2021 しろくま無添加 写真&子連れ旅行記