節約術

【アプリは出来たけどいつからサービス開始?】個人間カーシェアアプリ GO2GOとANYCAとの違い

更新日:

GO2GO

GO2GOは、個人間のカーシェアアプリ。2019年5月下旬〜6月上旬のサービス開始予定とされています。

個人間カーシェア

車を使うのは一日1.3時間程度。それ以外は車は動いていません。これは仕事で使う人を含めた数字なので、実際はもっと少ないかも。

駐車場で眠ってばかりいるのはもったいない、というところから始まったサービスが個人間カーシェアです。

車を持っている人はお小遣い稼ぎに、車を持っていない人はレンタカー替わりに気楽に借りることが出来るのが個人間カーシェアの魅力です。

私は個人間カーシェアの魅力にどっぷりはまってしまい、「カーシェアで車を借りること」という新しい趣味ができました。(笑)

個人間カーシェアは、DeNAのAnyca、ドコモのdカーシェアの2強状態でしたが、新しいカーシェアアプリが2019年から誕生します。

 

GO2GOとは?

GO2GOは個人間カーシェアアプリの名前です。中古車販売業者のガリーバーが運営元になります。

ガリバーはノレルというサブスクリプション型の車販売を行っていたりするいい意味でちょっと変わった中古車販売店です。

NOREL BMW X6

NORELで借りられるBMW X6

GO2GOのサービスは、先発のANYCAやdカーシェアのサービスをよく研究しているようで、

まぁ、後出しじゃんけんなんだから、先行サービスよりサービスが良くなってほしいですよね。

 

GO2GOはいつからつかえるの?

GO2GOは令和元年10月利用開始です。公式サイトはすでに開設されていて、事前登録も開始されています。

アプリは2019年2月からダウンロードができるようになっていましたが、遅れて4月からダウンロードができるようになりました。

事前登録は2019年2月時点で5000人を突破したそうです。

ライバルのANYCAは実登録者数が25万人程度なので、まずまずの出足かもしれません。

 

https://go2go.jp/

2018年12月27日 事前申し込み開始
2019年2月 アプリダウンロード開始
令和元年10月 サービス利用開始

 

手っ取り早く個人間カーシェアを始めたい方は、ライバルのANYCAをどうぞ。

ポルシェのSUVカイエンが割引券利用で24時間5000円程度で乗れます。

一番お得なAnycaの招待コードを紹介します

 

サービスエリア

GO2GOは、まずは、東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪でサービスが開始されます。

 

システム

GO2GOの使い方

借り手は、オーナーが設定したレンタル代(共同使用料とよぶ)と保険代を払います。

オーナーはレンタル代から20%の手数料を払って、残りのレンタル代を受け取る仕組みです。

ANYCAは手数料が10%なので、ANYCAの方が安いですね。

メルカリとラクマでもそうですが、高めの手数料は高めのレンタル代になるので、ANYCAをお勧めします。

後発サービスなんだから、手数料が高いと余程、他のサービスで頑張らない限りはなかなか流行らないんじゃないかな?難しいと思います。

 

ANYCAとGO2GOの違い

GO2GOと先行サービスで業界最大手のANYCAを比較してみます。

GO2GOは、個人的には、これまでANYCAで不満であった①借りる時間が細かく設定できない、②保険が高すぎる、③車の受け渡しが面倒という問題が解決される可能性があるのは良いことなんじゃないかなと思います。(保険料とか決まっていないことも多いので、問題が解決される事が決まっているわけではない)

借りれる車

始まったばかりのサービスなので、Anycaに比べて登録されている車の数はまだまだ少ないです。

車の貸し手はAnycaもやっている人が多いようです。

実際に、Anycaのロゴが入った写真や車の案内文をそのまま載せている人ばかり。

GO2GOだけやってAnycaに載せていないという人は、いまのところあまりいないようです。

 

ANYCAは利用時間が硬直的

GO2GOの最大の良さは3時間単位で車を借りることが出来ること。

例えば、ANYCAでは借りる時間の単位が24時間単位なので、3時間だけとか25時間借りるときは、1日分や2日分のレンタル料金や保険代がかかってしまいます。車を借りる時間はANYCAのオーナーさんに直接連絡して相談すればOKなのですが、保険は丸々24時間分かかってしまうのはなんだかもったいないなと感じていました。

特にANYCAの保険は1日1800円もするので、1日ちょっと借りると3600円も保険だけでかかってしまうんですよね。

GO2GOは、利用時間は、3時間単位から借りることができるようです。これは利用者にとってみれば嬉しいです。

但し、24時間以降は24時間単位でかかるようなので、いまいちですね。また、車を貸し出す側にとっては、受け渡しの手間は変わらないのに、もらえる金額が減って、割に合わない、と思う方も多いかもしれません。その分、借手が増えればいい、と考える人もいるかもしれませんが、自分だったら面倒だと思います。

GO2GOの保険料は調整中とのことですが、半日分の保険を導入してくれたらいいのになとも思いますし、何度か使っている人とか、リスクの高くないゴールド免許保有者や年齢が高い人向けには保険を安くしてほしいなとも思います。

 

鍵の受け渡しはどうか?

スマートロックが開発中で、これができると面倒な鍵の受け渡しが必要なくなりそうです。

 

Carecoやオリックスカーシェアといった大手のカーシェアではすでに行っているサービスなので、実現は可能だと思います。

ANYCAでもスマートロックを開発していたようですが、あまりメジャーにはなっていないようです。

傷を付けられた場合の対応とか難しそうですよね。

Anycaのスマートキー

 

と、思っていたら、GO2GOと運営母体が同じ中古車販売店のガリバーで受け渡し代行も可能にするとのこと。

面倒な傷の確認などもやってくれたらこれは楽ですね。

 

東京都内のガリバー店舗はこちら。近くにある人はいいですね。

https://221616.com/shop/tokyo/

 

ガリバーのサポート

その他、詳細は不明ですが、ガリバーでもサポートを受けられるそうです。

修理と板金を安くやってくれるといいですね。

中古車販売店ガリバーなどの全国約500の店舗が、カーシェアの不安や面倒をサポートします。

 

 

GO2GOとAnycaの幻の連携?

実は、GO2GOの運営会社のIDOMは、かってAnycaとの連携を打ち出したことがありました。

提携がうまくいかなかったのかな?

当時のプレスリリースにもばっちり。

 

IDOM「ガリバー」、DeNA「Anyca」、akippaが連携

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000020448.html

 

GO2GOのキャンペーン

ANYCAでは招待コードを利用することでレンタル代が安くなるキャンペーンをやっています。

GO2GOでもサービス開始キャンペーンをやってくれるものと思います!

GO2GOのキャンペーン期待しています。

 

 

カーシェアアプリ

GO2GOのサービス会社令和元年10月から。

それまでは他のサービスでカーシェアをしましょう。

大手で借りたいならカレコがお勧め。

ハリアーやCX-5など、人気のSUVを気軽に借りれます。

カレコのキャンペーン情報はこちらからどうぞ。

【カレコのキャンペーンナンバー】 少しでもお得にカレコを使う方法

 

カレコでハリアーを借りた話はこちらから。千葉に潮干狩りに行ってきました。

【レンタカー】カレコでハリアーを借りてみた 1日6800円

 

個人間カーシェアでもいいなら、ANYCAをお勧めします。新車価格1000万円のポルシェカイエンが24時間6000円で借りれたり、いろんな高級車を安く借りることが出来て、楽しいですよ。カイエン、メルセデスベンツGクラス、BMW、Lexusといろいろ借りてドライブしています。

中古のポルシェカイエンを24時間6000円で借りた話

 

2500円利用料金が安くなるANYCAの招待コードも差し上げます。

【令和元年10月最新版】一番お得なAnycaの招待コードを紹介します

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2019年時点で旅行好きの方に一番お勧めでき ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-節約術

Copyright© しろくま無添加 写真&子連れ旅行記 , 2019 All Rights Reserved.