液晶ディスプレイ モニター お勧め家電

【液晶? 有機EL?】答えは一つ 新しい4Kテレビを買うならどっちがいいか

液晶? 有機EL? 新しい4Kテレビを買うならどっちがいいか? はっきり言って、おススメは、有機ELです。更に言ってしまえば、そもそも晶テレビを比べるのが間違いなんじゃないかと思うほど有機ELテレビが素晴らしい。イチオシの有機ELですが、その理由をわかりやすく解説します。

 

液晶? それとも有機EL? 新しい4Kテレビを買うならどっちがいいか。

液晶? それとも有機EL? 新しい4Kテレビを買うならどっちがいいか。

新しいテレビを買おうとすると悩むポイントであると思います。

でも、私のお勧めは断然有機EL。

有機ELをお勧めする理由は①画質、②デザイン。

特に、画質の良さは圧倒的です。

 

有機ELをお勧めする理由 ① 画質が綺麗

有機ELの画質の違いは圧倒的です。

有機ELと液晶を比べてみるとすぐにわかります。

明るいシーンでも、暗いシーンでも、圧倒的に綺麗なのは有機ELのテレビの方です。

 

実際に比べてみたのがこちら。

正面から見てみたところ。

暗いところは暗く表現されているのに、明るいところはしっかり明るくなっています。

この明暗の差の幅が広いのが有機ELの特徴です。

OLED vs LED Black levels and contrast

液晶テレビでも調整によって、画面を明るくすることは出来ますが、画面全体が明るくなってしまって映像が全体的に白っぽくなってしまいます。

 

今度は、ヨコから見てみたところ。

奥の有機ELの写真のような映像と、手前の液晶のなんとも言えない映像。

OLED vs LED viewing angles

これは、有機ELの特徴である視野角の広さによるものです。

 

有機ELと液晶は画面パネルに異なった技術を使っていますが、有機ELの方が、画質が高くなる仕組みを採用しています。

液晶はバックライトを発光させているので、特に横から見ると色合いがどうしても不自然になってしまいます。

一方、バックライトを使わない有機ELは、部屋のどの位置から見ても、濃い色がくっきり鮮やかに見えます。

液晶は、グレアパネルというパネルだったので、映り込みもありますね。

 

 

いろいろ比べてみましたが、液晶を使っている時は不満が無かったのですが、比べてみたらここまで違うとは。

有機ELと液晶テレビの違いを一言でいうと、有機ELは液晶テレビと比べて色が濃い。

一方、液晶テレビは、気の抜けたビールみたいな、色の濃さがありません。

 

もちろん、設定である程度、変えることができますが、限界があります。

 

有機ELをお勧めする理由 ② スリムでコンパクト

有機ELは本当に薄い。

初めて家に来た時、子供も大人も「薄っ!!!」と思わず声に出してしまったほど。

OLED vs LED ultra thin panel

 

Wiiのセンサーも乗っからないほどです。(たとえが古いかもしれませんが。。)

QLED Thin Panel with wii

有機ELは本当に薄いのでWiiのセンサーも落ちかかる。

 

一応、比較のために液晶テレビにもWii乗っけてみた図。

LED Panel with wii

液晶テレビの中では薄いほうですが、それでもどっしり乗ります。

 

 

有機ELテレビは画面の四辺を囲む枠も細くてスタイリッシュ。

ふちが厚い液晶テレビがもっさりして見えます。

 

有機ELをお勧めする理由 ③ 消費電力も実は高くない

消費電力も液晶テレビの方が小さいと思われていましたが、有機ELの方が液晶より若干少ないぐらいです。

まぁ、わずかの差なので、年間のランニングコストはさほど変わりませんが、具体的に見てみましょう。

例えば、ソニーの2019年モデルの有機ELテレビの年間の消費電力と電気代は以下表の通りです。

サイズ モデル名 kwh/年 年間電気代
77インチ KJ-77A9G 302 8154
65インチ KJ-65A9G 248 6696
55インチ KJ-55A9G 206 5562

 

同じくSonyの2019年モデルの液晶テレビの年間の消費電力と電気代は以下表の通りになります。

サイズ モデル名 kwh/年 年間電気代
75インチ KJ-75X9500G 319 8613
65インチ KJ-65X9500G 249 6723
55インチ KJ-55X9500G 212 5724

あれれ、液晶テレビの方が有機ELより若干か少し消費量が多いですね。

 

ソニー公式ページによれば、計測基準は、有機ELの場合は、「2019年4月現在、有機ELテレビについては省エネ法に基づく年間消費電力量が定義されていないため、液晶テレビの基準で算出した参考値です」とのこと。

一方、液晶の場合は、「年間消費電力量とは、省エネルギー法に基づいて、一般家庭での1日の平均視聴時間(4.5時間)を基準に算出した、1年間に使用する電力量です」と記載されています。

なので、計測条件はどちらも同じ条件とみてよさそうです。

 

液晶テレビが有機ELテレビより優れている点

有機ELをイチオシしますが、有機ELのテレビにも液晶テレビと比べてデメリットとなる点もあるのも事実です。液晶テレビが有機ELより優れている点も解説します。

価格

有機ELの液晶テレビに対する最大のディスアドバンテージは、価格の高さ。

価格は液晶の方が有機ELより安いです。

2019年12月時点では、同じSonyの2019年4月発売の55インチのテレビが3割ぐらい安く売られていました。東芝も同じような感じです。

 

Sony BRAVIA

モデル名 KJ-55A9G  KJ-55X9500
発売時期 2019年4月発売 2019年4月発売
パネル 有機EL 液晶
価格 249500 172999
ランキング 2位 6位

 

東芝 REGZA

モデル名 55X930 55Z730X
発売時期 2019年6月発売 2019年4月発売
パネル 有機EL 液晶
価格 217800 153123
ランキング 8位 9位

(ランキングは価格コムの売れ筋ランキング)

 

小さいテレビも選べる

有機ELは一番小さいテレビでも55インチからです。

例えば、40インチや43インチの有機ELテレビはありません。

 

狭い部屋にはサイズが小さいテレビがいいかもしれませんし、いろいろな理由で小さいテレビの方がいい方もいらっしゃると思います。

我が家の場合は42インチからの買い替えでしたが、画面の周りのフレームが薄いのもあって、テレビは大きくなりましたが、逆にすっきりした感じもします。

あまりテレビに近すぎるのもどうかと思いますが、テレビの画面から3メートル以上とれる方は、40インチぐらいのテレビより大きな55インチの方が、幸せになれると思います。

 

寿命

有機ELのパネルは液晶に比べて寿命が短いと言われます。

画面の焼き付きも気になる方もいるかもしれません。

この点についても、つけっぱなしにするのではなく、普段数時間しかみないとか、一つの静止画を流すといった使い方ではない、普通に使っている分には問題ないと思いますが。。。

 

結論

55インチ以上のテレビを購入することを検討されているならば、間違いなく、有機ELをお勧めします。

液晶にしても、有機ELにしても消耗品。

液晶テレビにしても、パネル以外の部分が傷んでくるかもしれませんので、有機ELでも液晶でもリビングのメインとして使うのは、精々、7-8年ぐらいではないでしょうか?

となれば、画質が綺麗なテレビをかっておいた方が、幸せになれる、と断言できます。

 

 

有機EL関連記事

民生用有機ELテレビのパネルを作っているのはLGだけ。

値段も安く、最新のパネルを搭載したテレビが販売されています。

イマイチわかりにくいLGの有機ELのモデルの違い。

LGの有機EL4Kテレビのバリエーションと違い

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2019年時点で旅行好きの方に一番お勧めでき ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-液晶ディスプレイ モニター, お勧め家電

Copyright© しろくま無添加 写真&子連れ旅行記 , 2020 All Rights Reserved.