液晶ディスプレイ モニター

おすすめは? LGの有機EL4Kテレビのバリエーションと違い ZX/WX/GX/CX/BX

LGの有機EL4Kテレビのバリエーション。各モデルの違いについて。

 

LGの有機EL4Kテレビのバリエーション

LGのテレビは①シリーズ、②画面サイズ、③発売年でモデルのバリエーションがわかります。

2020年のLGの有機EL4Kテレビは、ZX、WX, GX, CX, BXの5シリーズ、画面サイズの違いで合計11モデルが発売されています。

代表的な各モデルと割引前の価格は下の表のようになります。

77インチ 65インチ 55インチ
WX  (最高級機種) - 67万円 -
GX(高画質モデル) - 50万円 35万円
CX(中級機) 75万円 45万円 30万円
BX(入門機) - 33万円 23万円

GXには、48型も用意されていて、23万円が割引前の価格です。

 

ちなみに2019年モデルの発売当初はこんな感じでした。20年モデルより77インチは大分安くなりましたね。そのほかのモデルは、大体5万円ずつ高い値段設定でした。

77インチ 65インチ 55インチ
W9P (最高級機種) 170万円 75万円 -
E9P(高画質モデル) - 55万円 40万円
C9P(中級機) 120万円 50万円 35万円
B9P(入門機) - 45万円 30万円

 

シリーズ

有機EL4Kテレビの各シリーズの違いは、チューナー数、画像エンジン、デザイン。

最下位から順に、B、C、(E)、G、W、Zとなっていきます。

 

最上位はZですが、これは8Kで値段は300万円程度するので別格のテレビです。

 

Wシリーズは、LG Signatureといわれるフラッグシップモデル。

Sonyでいえば、9がつく機種のイメージです。

デザインも際立っていて、パネルは約3.9mmの超薄型。

 

Gシリーズは2018年版にはありましたが、2019年は無し。20年に復活です。

ディスプレイ全面が厚さ約3.9mmの壁に貼る、薄さにこだわったモデルになります。

 

一番の売れ筋は価格の安いCシリーズとBシリーズ。

Bシリーズとその他のシリーズの違いは、システムに使われる半導体の違いが大きいです。

画像エンジンは、Bシリーズを除いて、「α9 Gen3 AI Processor 4K」を搭載。

Bシリーズは、入門機という扱いで画像エンジンは、「α7 Gen3 AI Processor 4K」となります。

 

どれを選べばいいか悩みますが、デザイン重視で予算があるなら、Gシリーズ。

予算を絞りたいならBシリーズかCシリーズをお勧めします。

 

サイズ

2020年のサイズ展開は、88、77、65、55、そして48インチの4サイズ展開です。

私は、シリーズを落としてもできるだけ、画面が大きい方を、おすすめします。

 

発売年

LGは毎年、Year Modelを出していて、モデル名の末尾に付くのが発売年になります。

2019年モデルは9がモデル名の最後に付きます。

2020年モデルはiPhoneのようにX(テン? エックス?)がついています。

 

Year Modelを出すのは、アメリカの車のようですね。

2019年モデルと2018年モデルの大きな違いは、新4K衛星放送に対応するチューナーの有無、HDMI2.0から2.1へ、Googleアシスタントの連携、Amazon AlexaやAirPlay 2への対応など大きな変化がありましたが、

2020年モデルと2019年モデルにはさほど大きな変化はないので、型落ちが安く売られていれば、安い方を私はお勧めします。

 

LGの有機EL4KテレビのCXとBXの違い

気になるCXとBXの違い。上でも少し書きましたが、この二つの有機ELテレビの違いは、大きくいって、チューナー数が違うのと画質エンジンが違います。

正直、価格差ほどの大きな違いはないので、BXで十分かと思いますが、売れているのはCXの方。

 

チューナー数

地上波デジタル、 BS・110度CSデジタルのチューナー数が、一つ多くなります。

CXが3個とBX個です。

チューナー数の違いでなにが出来なくなるかというと、Bシリーズで2番組の裏番組録画ができませんが、Cシリーズではできるという話。2番組を同時録画できるのは便利なので、こういうところがCシリーズが売れている理由だと思います。

 

画質エンジン

「α7 Gen3 Intelligent Processor」と「α9 Gen3 Intelligent Processor」の違い。

このプロセッサーの違いが、CXとBXの違いで、ここもCXが人気の理由です。

 

じゃあ結局どれがいいの?

私のおすすめは、BX。

理由は安さ。壁掛けにこだわる人にはWXかGXをお勧めしますが普通の人は据え置きのCXかBXになるかと思います。(BXやCXでも壁掛けはできますが、厚みのある部分があるのでWXかGXの方がすっきりします。)

では、CXとBXのどっちがいいか、ということになりますが、マニアな人を除いて、大多数の人には、BXとCXの画質の違いは区別できないですし、2番組録画を常にする、という人でなければ、BXで十分です。

その代わり、出来れば大き目の画面サイズを選んでください。55インチよりできれば65インチをお勧めします。

 

人気のCX。

 

安くてお手頃なのBX。

 

 

関連記事 有機ELと液晶どっちがいいか?

 

有機ELと液晶どっちがいいか?

液晶から有機ELに乗り換えた時の話です。

有機ELの画面は本当にきれい。

液晶と比べて有機ELの方が圧倒的に画質がいいとおもいます。

両方の画面を同時に比べてみました。

【液晶? 有機EL?】答えは一つ 新しい4Kテレビを買うならどっちがいいか

【液晶? 有機EL?】答えは一つ 新しい4Kテレビを買うならどっちがいいか

 

4K関連

【20年9月最新版】ソニーの4Kビデオカメラのお勧め機種とその理由

【4K UHD】OLED65C8PJAの価格コム最安値情報 まとめ

 

パソコン用のモニターも4Kを激しくお勧めします。

【レビュー 大きすぎ?】巨大モニターLG 43UD79 Bを使ってみた感想 超高精細4K 43インチ級液晶モニター

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2020年時点で旅行好きの方に一番お勧めでき ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-液晶ディスプレイ モニター

Copyright© しろくま無添加 写真&子連れ旅行記 , 2020 All Rights Reserved.