MF Cloud 確定申告

【無料クラウド型確定申告ソフト】マネーフォワードクラウドは無料で50件まで仕訳可能!

更新日:

マネーフォワードクラウドは無料で50件まで仕訳できるの?

会計ソフトを使って確定申告の書類を作成するに当たり、仕訳という作業が出てきます。

仕訳とは取引の要素を借方と貸方の2種類で分類し、金額の内容を仕訳帳に書き記す作業のことです。

「借方」と「貸方」の2つの側面で見ることで、行った取引で何が増えて何が減ったのか明確になりますね。

個人事業主向けの会計ソフトのマネーフォワードクラウドは、フリープランだと無料で50件まで仕訳が可能です。

まず最初に、マネーフォワードクラウドの3つの料金プランについて見ていきましょう。

  • 無料登録で利用できるフリープラン(仕訳の件数は50件)
  • 月額800円で利用できるベーシックプラン(仕訳の件数は無制限)
  • 年額17,200円で利用できるあんしん電話サポート付きベーシックプラン(仕訳の件数は無制限)

無料のマネーフォワードクラウド確定申告のフリープランは、以前までは次のルールが設定されていました。

  • 取引日ベースで月ごとの仕訳件数は15件まで
  • 月間の仕訳件数が15件を超えるとダイアログが表示されて仕訳の登録ができなくなる

しかし、マネーフォワードクラウドは2018年の6月1日から、「月間15件の仕訳件数」⇒「年間50件の仕訳件数」に変更されています。

今までは10月に8件の9月分の仕訳と7件の10月分の仕訳を行うと登録ができなくなりましたが、この改定でいつ仕訳の登録作業をしてもOKというわけです。

「とりあえずマネーフォワードクラウドがどのような機能なのか知りたい」「1年間の仕訳件数は50件以内」という個人事業主やフリーランスは、マネーフォワードクラウドの無料のフリープランに登録してみてください。

 

マネーフォワードクラウドの無料プランはレシートや領収書の枚数が無制限!

マネーフォワードクラウドの無料のフリープランは仕訳件数が50件と聞き、「ちょっと少ないのでは?」と感じた方はいませんか?

しかし、レシートや領収書の枚数は無制限で、その仕組みについて見ていきましょう。

①1件の仕訳の中に複数種類の勘定科目をまとめて入力する
②1種類の勘定科目の中に1ヵ月分の合計金額を入力する
③1ヵ月分のレシートや領収書数十枚の合計金額を入力する

この方法を使えばレシートや領収書の枚数が多くてもたった1件の仕訳として処理できるため、お金を負担せずにマネーフォワードクラウドを長く利用できます。

小規模な個人事業主やフリーランスであれば、年間の仕訳件数に50件という制限があっても特に支障はありません。

確定申告書の作成まで無料で行えるのが大きな強みですので、クラウド会計ソフトNo.1のマネーフォワードクラウドを試してみてください。

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2019年時点で旅行好きの方に一番お勧めでき ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-MF Cloud 確定申告

Copyright© しろくま無添加 写真&子連れ旅行記 , 2019 All Rights Reserved.