カメラ

【今月25日発売決定】GoPro Hero8 Black情報

更新日:

GoPro-Hero8-Black

Gopro Hero8が発表されました。令和時代の新しいGoproです。気になるスペックや価格とか。

 

GoPro Hero8 Black

GoProのHero6、Hero7と使ってきましたが、Hero8がいよいよ発表。

例年、iPhone同様、アメリカの新学期シーズンに発売されるので今回のHero8の発表は9月が予定されているようでしたが、実際にはアメリカ時間の10月1日に発表となりました。

プロモーションビデオも公開中。

 

Gopro Hero8 Blackの発売日は10月25日。

 

 

Gopro Hero8 Blackの価格 いつ値下がりするか

Gopro Hero8 Blackの価格は税込み58,880円です。

Hero7 Blackの発売時の価格は税抜き49800円でしたので1000円アップ。

まぁ同じぐらいですね。

でも、Hero7発売時にはなかったライバルのOSMO ACTIONが発売されていて、しかもOSMO ACTIONは、なんと実売4万円を切ってきています。

結構強気の値段設定ですね。

 

Goproはかって、売れないとなると値下げをしてきたことがあるので、今回もしばらくたってからの値下げを期待しちゃいます。

年明けぐらいには、GoPro Hero8 Blackの価格は、期待を込めて税込み43800円と言いたいところです。

 

Hero7も値下げが発表されましたが、定価の値下げが実売価格にあってきた感じ。

もともと値下がりしていたので、あまりお得感はありません。

3万円ぐらいだと、おっ、ってなるんですけどね。

 

 

GoPro Hero8 Blackのスペック

GoPro Hero8 Black

Hero8とされる写真。Hero7から大きくデザインの変わらない筐体。底面にはヒンジが見えます。

 

GoPro Hero8 Blackのスペックは事前にリークされていたものとほぼおんなじ。

Hero7 Blackからの大きな変更点はありませんが、Hypersmoothが2.0にアップグレードされたことと、拡張モジュールが大きなニュースということでしょうか?

 

スペック他の予想 あたったもの

  • 4K 60P/1080p 240FPS
  • GPS
  • USB-C
  • 利用可能メモリーカード容量 最大128 GB
  • 10m防水
  • ヒンジが付いた底部
  • 「メディアモジュール」対応
  • 使用バッテリーも一緒。
  • メディアモジュール

おそらくGoPro Hero8のハイライトの一つはメディアモジュールとよばれる拡張モジュールではないでしょうか?

マイク、ライトが搭載可能。

GoPro-Hero8-Black hinge

ヒンジが付くというウワサです。

 

 

 

スペック外れたもの

事前予想が外れて残念だったこと。うれしかったこと。

なんと残念なことにGopro純正ジンバルのKarma Gripとの整合性がなくなってしまいました。

 

  • Hyper Smooth 2.0

こんかいの目玉がHypersmooth2.0。

これは予想できませんでした。

ここに相当な自信をもっているのか、値段も強気の設定です。

アクションカメラは特に手振れの問題があると感じていたので、ジンバルを使っていましたが、これがあればジンバルはいらないかも?

早く試してみたいです。

 

  • デジタルレンズ

地味にうれしいのがこの機能。

画角を調整できる機能が搭載されています。

ズームレンズのように、画角を4段階で買えることができます。

 

Goproって広角が魅力なんですが、ちょっと広角すぎるなって時ありませんでした?

デジタルレンズで自然な見た目の画角も撮れそうです。

望遠よりになると手振れが目立ちそうですが、Hypersmooth2.0の手ぶれ補正が生かされそうです。

 

  • GP2チップ搭載?

GP1のままでした。Hero7では熱暴走で10分足らずしか撮れないことも。

発熱は大丈夫なのか?

 

Hero6 Blackから使われているGP1 チップ。ソシオネクスト(旧富士通と旧パナソニック)とGoProの共同開発チップです。

GP1チップはHero6Black、Hero7Blackと2世代にわたって使われていたチップですが、これが新開発のGP2になるともいわれています。

新チップの採用で、GoPro Hero7 Blackでは、評判の悪かったタッチパネルの感度や、安定性の悪さは改善してほしいと思います。

タッチパネルはたまに反応しないこともありましたし、熱で20分ぐらいしたら切れてしまう事もありました。

特にHero7はHero6と同じチップを使ってHyper Smoothなどいろいろな処理をさせているせいか、発熱でと前ることが多々あったので、この辺は改良してほしいと思います。

 

  • 重量は116gでHero7と変わらない。

重量 (カメラ + バッテリー)は、126 gになりました。Hero7 Blackから10グラムアップ。

 

 スペックの噂(願望?)

GoPro Hero8 Blackのスペックは8K対応と言われていましたが、実際には見送り。

ここの予想はあたり。デザインは変わったといえば変わったかも?

  • 8K対応
  • 4K120fps/FHD480fps
  • HDR動画対応
  • 前面カラーディスプレイのデュアルスクリーン
  • 筐体が新デザインに

 

Karma Gripは使えるのか?

Osmo Actionが発売されていてもGoProが好きな理由はアクセサリーの豊富さ。

中でもGoPro純正のジンバルKarma Gripは気に入っています。

 

Hero7のHyperSmoothが強力とはいっても、ジンバルの滑らかさにはかないません。

 

GoPro Hero8のパッケージが変わってしまうと豊富なアクセサリーがそのまま使えなくなってしまうというのが心配です。

 

 

【GoProジンバル比較】 HERO7/6/5 Black用のおすすめジンバルランキング

 

 

GoPro関連記事

いつのまにかGoProのライバルになっていたDJIのOSMO Action。

【GOPRO HERO7以上?】OSMO ACTION

【GOPRO HERO6/7】HEVC/H.265 動画編集ソフト

 

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2019年時点で旅行好きの方に一番お勧めでき ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-カメラ

Copyright© しろくま無添加 写真&子連れ旅行記 , 2019 All Rights Reserved.