カメラ

【購入レビュー】DJI OSMOとPlus、それから Mobile2の感想

更新日:

DJI OSMO Review

DJI OSMOとOSMOプラスを使ってみた感想です。購入を考えている人の参考になるように、DJI OSMOとOSMOプラスのそれぞれを使ってよかったところと不満なところを正直にぶっちゃけて書いています。




DJI OSMOとは

DJI

DJIはドローンメーカーの世界最大手。最初のころはGoPRoのカメラと組み合わせて撮影するドローンを作っていましたが、最近では自社のカメラのドローンを作っています。

 

スタビライザー

ドローンで撮影する時は飛んでいる時に映像をぶれなく安定させる技術がいるのですが、その技術を使って手持ち撮影でもブレがない安定した映像を撮るように出来るジンバルと呼ばれるスタビライザーを発売しています。

カメラが付いたものと、スマホのカメラを使うものがあり、これまではDJIの土壇場になっていましたが、ライバル会社も増えてきて、値段が安い新製品が発売されるなど、消費者にとってはとっても嬉しい状況になっています。

 

DJI OSMOとは

OSMO Plus Review

DJIが2015年に発売を開始した4K動画が撮影できるジンバル一体型カメラです。

ジンバルにカメラが搭載されてスマホを操作に使うモノと、ジンバルにカメラはなくスマホを使って撮影するものの2種類が発売されています。

 

DJI OSMOレビュー

 

良いところ

使ってみてわかるのは、ブレない画質のぬるぬるさ。とにかくぶれない画像に感動します。

設定も難しくなく、スマホとOSMOをつなげるだけ。

広角で4k30pが撮れるところも良いところ。

重くないので軽い。

 

子供と一緒に走ったり、ペットを追いかけたり、ぐるぐる動くシーンが得意です。

スマホやハンディカムでは撮れない映像です。

ジンバルのないアクションカメラや一眼レフカメラでも手振れ補正をうたっていますが、ここまでピタッとなるカメラはありませんでした。

子供やペットがいるなら、旅行先で風景を撮りたいなら、ジンバルは本当にお勧めだと思います。

 

作り付けもしっかりしています。

OSMO Review

 

 

気になるところ

接続がめんどくさいのが最大の欠点。撮影開始までに、いくつか手順を踏まないといけません。

具体的には、DJI OSMOをつかうには、スマホの電源を入れて、アプリを立ち上げ、DJI OSMOの電源を入れて、スマホとDJI OSMOの接続を確認し、漸く撮影可能になります。たまにですが、うまく接続が一発で出来ないときもありました。

我が家ではDJI OSMO用に古いスマホを使っていますが、撮影したい瞬間にさっと出してさっと撮影開始できないのはそれなりのストレスです。

バッテリーの減りが早いところも気になります。予備バッテリーは必須ですね。

 

スマホ用にもモバイルバッテリーをつかっています。

AUKEYのモバイルバッテリー 10000mAh PB-N42 レビュー

 

カメラに冷却用のファンがついているのでうるさいのと、カメラのマイクがいまいちという意見もありました。

マイクはソニーの外付けが人気みたいです。

 

DJI OSMO Plus Fan

雨の中では使うのに不安なファンDJI OSMOの開口部。

 

 

 

DJI OSMOとGoProとの違い

DJI OSMOが気になるあなたはきっとGoPROとの違いも気になるはず。

GoPro HERO6との違いもまとめてみます。

 

DJI OSMOの良さ

DJI OSMO Plus Review

ズームが自由に出来ることと、ジンバルを使用中にカメラの向きを自由に手元で切り替えができるところがGoProと比べてみた時のDJI OSMOの良さだと思います。

ジンバルとしての性能もGoPro純正のKarma Gripより高い気がします。

どちらも、ぶれなく、ぬるぬる撮影できるのですが、Osmoの方が半段から一段上という感じ。

動きながらパンをして撮るという撮影が向いています。

 

 

GoProの良さ

GoProの良さは、面倒臭さがないところ。純正グリップにつけておけば、純正グリップの電源スイッチ・撮影開始スイッチだけで操作ができます。

DJI OSMOでは、ジンバルとスマホの電源を入れて、DJI OSMOとスマホを接続して、と結構面倒なのですが、こういうめんどくささがないところがGoPRoのいいところです。

また、GoProの良さは防水性能。ジンバル自体には防滴性能は公式ではっきりとは説明されていませんが、スキー場にはGoproとGoPro純正のジンバルのKarma Gripの組み合わせで持っていきました。

ナイター、滑りながらの撮影でしたが、ブレもなく、ピタッと止まるところはさすが。

天気が良いとかいい条件の時はDJI OSMOでもいいかもしれません。

 

 

【レビュー】GoPro HERO6 アクションカメラの完成形?

【おすすめ】GoPro HERO6/5 Black用のジンバルランキング

 

 

DJI OSMOのラインアップ

カメラ搭載のDJI Osmoとスマホをカメラとして使うMobileの2種類に大まかに分けることができます。

 

DJI OsmoとDJI OSMO Plus

4K動画が撮影できるカメラがついているのがDJI OSMOです。DJI OSMOには光学ズーム機能がついていないのですが、光学ズーム機能が使えるようになっているのがDJI OSMO Plusです。

両方とも、自動追跡はできません。

DJI OSMO Plus

 

 

こちらはズーム機能付きのOSMOプラス。

 

こちらはズームなしのノーマルなOSMO。

 

16GB程度のMicroSDがおまけでついてきましたが、大容量のMicroSDカードのおすすめはこちらへどうぞ。

【安くて大容量】Amazonでも買えるGoPro HERO6 Blackにお勧めの Micro SD Card

【安くて大容量】Amazonでも買えるGoPro HERO6 Blackにお勧めの Micro SD Card

 

DJI osmo Mobile2

スマホで手軽にヌルヌル動画を撮影出来るし、自動追跡機能もあります。

新しいiPhoneは4Kも撮れるので、iPhoneとこの組み合わせが手ごろでいいかもしれません。

値段も1万円台で購入可能です。

 

DJI osmo Mobile2は2017年末に発売されたばかりで2018年になっても品薄が続いていますが、値段が安いのと、単体で自立できないといった初代の欠点が改良されています。

 

 

 

 

 

DJI OSMOの感想

最初はDJI OSMOを使っていましたが、ズームができるOSMOプラスが欲しくなりOSMOプラスを購入。

でも、ズームが必要になる場面では、4Kビデオカメラを使うので、OSMOは使いませんでした。

撮影していた動画ファイルを見てみても、あまりズームは使っていないようです。

人にもよるかもしれませんが、勧めるなら、値段が安い、OSMOでいいのかな、とも思います。

 

ジンバルはまだまだニッチな趣味性の高い分野だと思うので、どうせなら良いものをという方が多いかもしれませんが、接続の手間、値段とか考えると、多くの人はMobileで十分かもしれません。

 

GoProも使っているので、よかったらこっちのレビューも見てみてください。

【レビュー】GoPro HERO6 アクションカメラの完成形?

【レビュー】GoPro HERO6 アクションカメラの完成形?

 

【おすすめ】GoPro HERO6/5 Black用のジンバルランキング

【GoProジンバル比較】 HERO6/5 Black用のおすすめジンバルランキング

 

クリスマスプレゼントにおすすめ トイドローン

DJIといえば、ドローンのトップメーカー。そのDJIの技術を使ったトイドローンが1万円で買えると聞いて買ってみました。

DJI Telloのレビューです。クリスマスプレゼントや誕生日のプレゼントにもぴったり。大人も楽しめます。

 

【徹底レビュー】Ryze Tech TELLO 1万円で楽しめる最高のおもちゃ。子供も大喜び!

【徹底レビュー】Ryze Tech TELLO 1万円で楽しめる最高のおもちゃ。大人も子供も大喜び!

 

 

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

Ryze Tech TELLO 1

1万円そこそこの値段ながら性能が高いと評判のDJI Ryze Tech TELLOを実際に使ってみたレビューです。子供の ...

2

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2018年時点で旅行好きの方に一番お勧めでき ...

3

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-カメラ

Copyright© しろくま無添加 写真&子連れ旅行記 , 2018 All Rights Reserved.