節約術 料理

アメリカ農務省(USDA)格付 プライム・ビーフ チョイスとは?

更新日:

ステーキにするなら和牛もおいしいですが、ステーキの本場アメリカンビーフもおいしいですよね。アメリカ農務省(USDA)によるアメリカンビーフの肉質等級の決め方について整理してみました。

 

アメリカ農務省(USDA)格付

いくつかの決め方の軸がありますが、成熟度と脂肪の入り具合でお肉のグレードが決まり、プライム、チョイス、セレクトの順番に霜降り⇒赤身と覚えておけばいいでしょう。

Prime (プライム) サシがとてもよく入っており、味わい、ジューシーさ、柔らかさ、の全てにおいて優等生。
Choice (チョイス) アメリカン・ビーフの半分強が
チョイスの格付けを獲得
Select (セレクト) 赤身が多く、低脂肪・低カロリー。

成熟度は若い牛⇒年取った牛の順にAからEになります。

american beef grade chart

https://www.americanmeat.jp/trd/database/rank/r_001.html

 

アメリカの牛肉の値段

USDA Beef Grade

アメリカでは牛肉はポンド(LB)単位で売られています。

上の写真はアメリカのコストコで撮った写真。1ポンド10ドルから14ドルでUSDAチョイスグレードが売られていました。1ポンドは453グラム。部位にもよりますが、250円~340円/100gぐらい。

日本のコストコの値段とあまり変わらないといえば、変わらない感じもします。

Costcoで買いたいものお肉

西友のUS Beaf

2015年ごろまでは100g税抜き157円と破格の値段で売っていました。

最近では、100g220円ぐらいでうられています。アンガスビーフに肉質が良くなったんだとか。

肩ロース肉の"プライム"なのでお得です。

 

アメリカのスーパー

 

【2018年版】ホールフーズマーケット 人気のおすすめお土産ランキング 買いすぎ注意!

 

USDA Choice Beef Rating

 

 

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

Ryze Tech TELLO 1

1万円そこそこの値段ながら性能が高いと評判のDJI Ryze Tech TELLOを実際に使ってみたレビューです。子供の ...

2

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2017年時点で旅行好きの方に一番お勧めでき ...

3

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-節約術, 料理

Copyright© しろくま無添加 写真&子連れ旅行記 , 2018 All Rights Reserved.