家探し

Ua値はどこまで必要か?(歴史・関東・北海道・諸外国例)

更新日:

Ua値について。規制値の歴史や各国の基準、快適な住宅に求められるUA値はいくつか?

 

外皮平均熱貫流率(UA値

Ua値とは、家の断熱性能を示す数値で、値が小さければ小さいほど家の外に出てしまう熱が少なく、断熱性が高いことを示します。

今の家は、どこで建てるか、どんな工法かにもよりますが、UA値0.3~0.87ぐらい。

歴史と一緒にUA値の基準値を見ていきましょう。

 

UA値1.80 S55年基準

日本で初めて導入された断熱性の基準。旧省エネ基準ともいわれます。

当時はUA値ではなくQ値を使っていました。昭和55年基準はQ値で5.2。

UA値換算で1.80になります。

 

UA値1.54 H4年基準

平成4年、1992年の昔の基準。いまから27年も前の基準ですが次世代省エネ基準ともいわれます。(笑)

UA値は1.54。Q値2.7の換算です。

5、6地域に適用。平成25年基準ができる前まではこの基準だったので、多くの家はこの基準か、これ以下になります。

これでも以前の昭和55年の基準に比べれば、3割、冷暖房エネルギーの削減が可能になりました。

今ではお話しにならないレベルの断熱性で、昔の家が寒い理由がよくわかります。

 

UA値0.87 H25基準

平成25年は2013年。いまから6年前に導入された基準。現在の基準になります。

建築物省エネ法平成25年基準では、5、6、7地域共にUA値は0.87以下にすることが定められています。それまで20年間続いてきた基準に比べて、一気に倍以上の基準に厳しくなりました。

外壁の断熱材の厚さは90mmぐらい。90mmはちょうど2×4の壁の厚さになります。

サッシはアルミのペアガラス窓です。

 

UA値0.6 ZEHレベル

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス、略してZEH(ゼッチ)。

地域区分4~7迄のZEH基準がUA値0.6です。

外壁105mm、U値2.33の樹脂アルミ複合サッシ窓です。

天井の断熱材は105mm。

国は、2020年までに、「標準的な新築住宅でZEH」となるためには、ハウスメーカー、⼯務店等が作る新築住宅の過半数がZEHとなっていることが必要としています。

断熱性を考えると、最低でもUA値0.6が必須です。

とはいえ、これが快適な家になるかといえば、そうでもないのが現状です。

 

UA値0.48 HEAT20 G1

HEAT20 G1レベル (5地域)。

外壁105mmに付加断熱ボード45mmを追加、U値2.15の樹脂アルミ複合サッシ窓です。

天井の断熱材を155mmにしています。

暑くもなく、寒くもない、快適な家と言えるのはこれぐらいから。

 

UA値0.46 H25基準の1地区

改正省エネ基準で一番厳しい地区に厳しい1地区(北海道:旭川市、釧路市等)の外皮平均熱貫流率[UA値]の基準値は0.46(W/m²K)

 

UA値0.34 HEAT20 G2

H25年基準レベルと概ね同等のエネルギーで全館暖房が可能なのがHEAT20 G2。

断熱材は、壁が120mm×2枚

天井は120mm×3枚、床も120mm×2枚

窓はU値1.9樹脂窓です。

 

UA値0.28 一条工務店標準仕様

ZEH認定のために北海道で求められる断熱条件を、標準仕様でクリア。

Q1.0住宅は大体UA値0.28ぐらいです。

 

断熱材は、壁が140mm(2×6)+50mm

天井は235mm、床は140mm。

窓はLow-Eトリプル樹脂サッシで、U値0.8です。

部屋の熱は半分近くが窓から逃げていくと言われます。

一条工務店の断熱材はそこまで分厚いわけではないですが、窓の性能が高いところがポイントなようです。

https://www.ichijo.co.jp/topics/i-zero/

 

諸外国の外皮平均熱貫流率(UA値

野村総研のデータです。

アメリカのUA値は0.34~

ドイツのUA値は大体0.3~0.36

日本の基準はお隣韓国以下であることがわかります。

 

北海道札幌市の住宅基準

外国ではないですが、寒冷地札幌市の断熱性の住宅基準、「札幌版次世代住宅基準」

高断熱・高気密住宅の普及を進めるために、国の基準を上回る札幌市が独自に設定した高断熱・高気密住宅の基準ですが、かなり厳しいです。

札幌版次世代住宅の等級

暖房エネルギー消費レベル

外皮平均熱貫流率(UA値)[W/(m2・K)]

一次エネルギー消費量(全体) 一次エネルギー消費量(暖房+換気)

相当隙間面積(C値)[cm2/m2]

トップランナー

無暖房住宅に近いレベル

0.18以下

等級5

35%以下

0.5以下

ハイレベル

ミニマムレベルよりも6割
程低減

0.22以下

等級5

45%以下

0.5以下

スタンダードレベル

ミニマムレベルよりも4割程低減

0.28以下

等級5

60%以下

1.0以下

ベーシックレベル

ミニマムレベルよりも2割
程低減

0.36以下

等級5

75%以下

1.0以下

ミニマムレベル

平成 28 年基準相当(一般の新築住宅レベル)

0.46以下

等級4

90%以下

1.0以下

 

トップランナーは、ドイツのパッシブハウスのレベル。

ベーシックレベルは、北海道の「北方型住宅 ECO」と同等水準

 

 

 

UA値はどれぐらいがいいのか?

低ければ低い方に越したことはありませんが、理想は、5、6地域なら最低でもUA値0.48以下、できればHEAT G2の0.34を目指してほしいですね。

壁は、2×6の場合、壁厚が140mmまで取る事ができるので、断熱材も140mmまで入れることができます。

2×6で、高性能な樹脂サッシ窓を入れれば実現できます。

窓は、トリプル樹脂窓。

換気システムには第1種で熱交換率90%以上あるものが良いと思います。

 

 

UA値関連リンク集

こちらのリンクから、どれぐらいの窓の性能、どれぐらいの壁の断熱材等、どんなスペックであれば、どのUA値になるかが、簡単にわかります。

https://www.isover.co.jp/support/by-region

 

超高断熱住宅マップという地図もあり、実際に建てられた家の図面やスペックを見ることができます。

https://www.isover.co.jp/project/mch/map

 

こちらはHEAT20についてのわかりやすい資料。

http://www.heat20.jp/members/data/2016/2016_2_suzuki_nunoi_matsuoka.pdf

 

 

ハウスメーカー比較

断熱性が高いハウスメーカーランキング。各社のQ値、UA値、C値と坪単価もあります。

【まとめ】断熱性が高いハウスメーカー ランキング

 

戸数順のハウスメーカーランキング。

【2019年最新版】人気ハウスメーカー販売戸数ランキング ベスト10+1

 

 

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2019年時点で旅行好きの方に一番お勧めでき ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-家探し

Copyright© しろくま無添加 写真&子連れ旅行記 , 2019 All Rights Reserved.