一条工務店

【レビュー】Reolinkの4K屋外防犯カメラを新築戸建につけてみた

一条工務店の新築戸建に施主支給でReolinkの防犯カメラを10台以上つけてみました。防犯カメラをつけるまで、実際に使ってみた感想です。機器の費用は防犯カメラが1台1万円程度で、カメラと接続して録画やインターネット経由で動画を見ることが出来るようになるレコーダーが2万円程。セキュリティ会社の防犯カメラシステムで防犯カメラを1台設置する程度の値段で、自前で10台超の防犯カメラシステムが構築できます。しかも、性能はホームセキュリティーサービスの防犯カメラより上。4Kの高画質で撮影が出来、録画した画像はレコーダーで確認できるほか、ネット経由リアルタイム視聴もできて、バックアップもクラウド上に出来てしまう、というものすごいシステムです。

 

防犯カメラの設置

なぜ防犯カメラが必要か?

防犯カメラを設置することにしたのは、犯罪の抑止効果を狙ってのこと。

そもそも、我が家には高価なモノは全くものはありませんが、物騒な世の中ですし、戸建は犯罪に合う可能性がマンションよりも高いと言われています。

防犯対策には、ホームセキュリティーサービスに入る、ステッカーを張る、ライトを設置すると、いろいろ対策はありますが、証拠が残る防犯カメラは効果的だそう。

家の周囲に防犯カメラをくまなく死角なく設置することで、多少なりとも犯罪者があきらめてくれれば、と思います。

 

防犯カメラを設置するには?

防犯カメラは、セコムやアルソックなどのホームセキュリティーサービスのオプションで設置することができます。

我が家でもホームセキュリティーサービスの会社に一緒に防犯カメラを設置してもらうことも検討しましたが、ネックになったのは費用。

ホームセキュリティーサービスでは、防犯カメラ1台当たり10万円以上の費用が掛かるので、家の周囲に死角がなくなるように複数台のカメラを設置し、レコーダーも購入するとなると、総額100万円以上が必要になります。

どうしようかと悩んでいましたが、防犯カメラを施主支給することで、性能が良い4Kカメラを複数台、加えて必要な設備をかなり安く取り付けることができました。ホームセキュリティーサービスの10分の1に近い金額です。

例えば、8台程度なら10万円程度で防犯カメラシステムが構築できます。

防犯カメラシステムを作るために必要なものは3つだけ

防犯カメラシステムを作るのに必要なものは、①防犯カメラ、②LANケーブルの配線、③レコーダーの3つの機器です。

これは家庭用であっても、業務用であっても変わりません。

機器の取付は自分でもできないこともありませんが、我が家では、防犯カメラとレコーダーを施主支給(自分で買ってハウスメーカーに渡すこと)にして、LANケーブルの配線と防犯カメラの取り付けはハウスメーカーにお願いしました。

ハウスメーカーは電気屋さんにお願いをして、実際にはハウスメーカーの下請けの電気屋さんがLANケーブルの配線や、防犯カメラの取り付けを行ってくれました。

尚、設定は、自分で行っています。

それでは、防犯カメラシステムを作るのに必要な3つの機器について、それぞれ見ていきましょう。

 

防犯カメラシステムを作るために必要なもの① 防犯カメラ

防犯カメラシステムを作るために必要なもの①は、防犯カメラです。

防犯カメラで、まず問題になるのは、通信用と電源用の配線をどうするか。

防犯カメラは「無線のWifiで通信するタイプ」と「有線LANケーブルで通信を行うタイプ」の2種類があります。

無線LANタイプは、通信用のLANケーブルは必要ありませんが、カメラ本体への電源供給をどうするかが問題で、防犯カメラに充電器が内臓されていたり、太陽光パネルついていない限りは、結局、電源コードが必要になります。

一方、有線LANで接続するタイプの防犯カメラは、PoE(ピーオーイー、Power over Ethernet)と言って、LANケーブルから電源供給を受けられるので、LANケーブルがあればよく、他に電源コードやコンセントを用意する必要がありません。カメラにLANケーブル1本を接続すれば、通信と電源供給を同時に行えます。

なので、選べるなら、PoEタイプの有線LANで接続する防犯カメラがおすすめです。

ちなみに、新築時に防犯カメラをつけるなら、LANケーブルの配線工事だけを行えばいいので、PoEタイプの有線LANで接続する防犯カメラの方がシンプルです。

また、防犯カメラ選びの際は、画質も重要です。画質は、画素数、明るさ、1秒間に撮影する画像の枚数といった要素に分けられます。

画素が多い高画質タイプであれば、写真を拡大してもナンバープレートの表示や人の様子がわかるので、高画質な4Kの防犯カメラをお勧めします。ちなみに4Kタイプのものでもお値段は1台1万円程です。我が家でも、もちろん、4Kタイプにしました。

昔は1秒間で20枚程度の写真を取るタイプのカメラもありましたが、新しいものでは、1秒間に25枚の写真が撮られるタイプのカメラが主流です。

また、夜間の撮影用に赤外線を照射するタイプに加え、人が近づくと発光するタイプのカメラも出てきています。

人感センサー付きのスポットライトだけでも2万円はするでしょうから、カメラとライトがついて1万円台というのは本当に魅力的です。

 

防犯カメラシステムを作るために必要なもの② LANケーブルの配線と取付

PoEタイプの防犯カメラを取り付けるには、事前にLANケーブルを配線してもらう必要があります。

後付けでも配線をできなくもないですが、壁内にケーブルを這わせてすっきりさせるのには、大掛かりな工事になってしまい現実的ではありません。新築時なら簡単な工事で壁内の配線をしてもらえます。

我が家では、ハウスメーカーに配線工事に加えて、防犯カメラ取付用のボックスの取り付けもお願いしました。取付ボックスはなくてもよく、直付けでもいいのですが、防犯カメラの将来のメンテナンス・交換が容易になる、ということです。

よく見ると、あちこちの防犯カメラも、壁や天井に直でついているものもあれば、ボックスをかましているものも多くあるようです。

取付ボックスは、2種類のものを使いました。

PV4B-ANFK

 

防犯カメラシステムを作るために必要なもの③ レコーダー

最後に必要ななのは、NVR(ネットワークビデオレコーダー)と言われるレコーダーです。

NVRの役割は、防犯カメラの映像の録画やインターネット経由でスマホアプリでリアルタイムで防犯カメラの映像や音声が確認できるようにすることで、1台のNVRに複数台のカメラの接続ができるようになっています。

また、レコーダーからLANケーブル経由、防犯カメラに電源を供給する役割もあります。

NVRは、防犯カメラメーカーが自社カメラ用のものを出している他、ネットワークハードディスクドライブのNASにもこういった機能があるものもあります。

我が家では、防犯カメラと同じメーカーのレコーダーが2.5万円ほどでしたので、同じメーカーのものにしました。

ちなみに、我が家の1台のレコーダーで防犯カメラを8台迄しか接続できないので、レコーダーを複数購入しています。

購入した防犯カメラとレコーダーは別途紹介します。

 

防犯カメラ設置の注意点

防犯カメラ設置の注意点です。

設計段階 設置場所と向きの決定

防犯カメラをどこに設置するのか。しっかりと建物の設計士と相談しておく必要があります。

相談ポイントは、建物のどこに防犯カメラを設置して、どの高さから、どの方向に向けるかをしっかり確認して、防犯カメラの設置場所を図面に落とし込んでいきましょう。

防犯カメラでどこを映したいか、はっきりさせておくと、どこに設置したらよいかが、わかってきます。

よくある、設置場所は建物の隅、侵入経路となる開口部を映すことができる場所、駐車場、通り等です。

正直もう少し別な場所に設置しても良かったな、というポイントがいくつかあります。

 

施工段階

施工時に設計時の意図がちゃんと伝わっているか。

実際にどこが写っているか、確認しておくといいでしょう。

足場があるとどこを映しているのかわかりにくいのですが、高所にカメラを設置する場合、足場をなくすとカメラ調整が大変なので、出来る限り、映したい方向にカメラが設置されているか確認を行う必要があります。

最初、壁ばっかり映すようにカメラが向けられていましたが、しっかりと壁以外も映るようにカメラの角度を調整してもらいました。

 

カメラ用の取付ボックス

4種類ぐらいの防犯カメラをつけたのですが、種類によっては意外と防犯カメラが大きくて、取付ボックスに収まらなかったり、2個ボックスを使う必要が出てきたりしました。

取付ボックスを使う際には、サイズを確認しておいた方がいいと思います。

天井取付タイプの防犯カメラは、軒天の色に合わせて、黒色にしました。

 

 

Reolinkの防犯カメラ

Reolinkの防犯カメラ

我が家では、Reolinkの防犯カメラを選びました。

Reolinkの防犯カメラを選んだ理由は、アメリカのアマゾンで一番売れていたから。笑

一番最初にアメリカで購入した当時は、日本では販売されていなかったので、当然ながら、Reolinkの口コミや評判もありませんでしたが、アメリカでの口コミや評判もまぁまぁだったのと、値段が安かったこともあって、使えなかったり、壊れたらしょうがない、と思って買いました。

 

Reolinkはどこの国?

Reolinkは、中国メーカーで、防犯カメラ関連装置でアメリカのアマゾンで売り上げランキングトップの会社です。

 

Reolinkの評判

今では、日本でも本格的に展開を行ってきていますので、Reolinkの口コミや評判も増えてきています。

 

私自身は、アメリカのアマゾンで、ものすごい数の高評価だったので、このカメラを試しに買ってみました。

まず思ったのは、接続の簡単さ。

カメラとレコーダーをLANケーブルでつなぐだけで、防犯カメラシステムが完成。

録画したいものを見る時は、レコーダーからHDMIでモニターかテレビとつなぐかするかで、録画済の映像やリアルタイム映像を、カメラ毎や複数カメラの画像を一度に簡単に見れます。

レコーダーにLANケーブルをもう一本さして、インターネットとつなげば、スマホ経由で録画内容やリアルタイム映像が確認できるのも便利です。

 

レオリンクでは、見守りカメラや、ペットカメラも用意している他、ソーラータイプのWifiカメラも出しているので、機会があれば、いろいろと試してみようと思います。

 

 

reolink e1 zoom 説明書
Reolink カメラ 設定
reolink どこの国
reolink ネットワークカメラ
Reolink ログイン
Reolink 接続 できない
reolink 説明書
Reolink 評判
reolinkアプリ
レオリンク アプリ

防犯カメラ
防犯カメラ 屋外
ペットカメラ
監視カメラ
防犯カメラ ソーラー
ネットワークカメラ
見守りカメラ
防犯カメラ 屋外 ソーラー
監視カメラ 屋外
屋外防犯カメラ

 

RLC-842A (天井取付)

RLC-823A

RLC-811A

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2020年時点で独身で遊びたい人にも、家族連 ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-一条工務店

© 2023 しろくま無添加 写真&子連れ旅行記