未分類

耐震等級3を証明するための証書・資料

certificate of antiearthquake grade 3

耐震等級3を証明するための証書・資料はどのようなものがあるか?

耐震等級3を証明するための証書・資料

お住まいの建物が、耐震等級3があるかどうかを証明するには、以下のいずれかの書類があれば大丈夫です。

  • 「建設住宅性能評価書」、または「設計住宅性能評価書」
  • 「耐震性能評価書」
  • 「適合証明書」(フラット35を利用する場合)
  • 「現金取得者向け新築対象住宅証明書」
  • 「技術的審査適合証」(長期優良住宅の認定申請の際に使用)

 

住宅ローンを銀行ローンで借りてフラット35での借り入れをしない、長期優良住宅の認定を受けない、住宅性能表示制度も利用しないなどの場合は、これらの資料が手元にない場合もあります。

 

住宅性能表示のマーク

 

関連

【気を付けないと大損する】Aruhiのスーパーフラット5Sの注意点 評判と口コミ

 

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2020年時点で独身で遊びたい人にも、家族連 ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-未分類

© 2021 しろくま無添加 写真&子連れ旅行記