東京

ブーランジェリー ラ・テール

更新日:

boulangerie la terre in Tokyo Station

ブーランジェリー ラ・テールは本店が世田谷区の三宿にあるパン屋さん。三宿といえば芸能人というミーハーなステレオタイプなイメージがありますが、芸能人の皆さんの中にも、ブーランジェリー ラ・テールのファンがいらっしゃるそうです。

 

お店は、大きなパン屋さんではないですが、品質にこだわったパンを提供。イートインコーナーもあります。

 

ブーランジェリー ラ・テール東京駅店の場所

JR東京駅のブーランジェリー ラ・テールは、東京駅改札内地上1F、東海道・山陽新幹線南口改札の近くにあります。

山手線などのホームがあるところから、東海道・山陽新幹線南口改札・八重洲方面にすすむと、右手にユニクロとコンビニが見えてきますが、それを超えて京葉線ホーム方面にいく通路である、京葉ストリートの入り口あたりにあります。

お店は、イートインスペースが併設されているので、店内で食べることも、持ち帰りもできるようになっています。

朝7時から開いてい入るので、東京駅でのモーニングにパンとコーヒーというのもいいかもしれません。

 

ブーランジェリー ラ・テール東京駅店の人気パンランキング

ビーフシチューパン

boulangerie la terre-beef stew pan

ビーフシチューパンは、東京駅店人気ランキング一位のパン。

カレーパンのような見た目ですが、中はビーフシチューです。

東京の手土産にもお勧めされています。(笑)

 

実際食べてみましたが、ビーフシチューが、サクサクの生地の中に入っています。

あげた生地はサクサクしていておいしいけれど、カロリー高そう。(笑)

boulangerie la terre Curry

 

 

しあわせを呼ぶクリームパン

boulangerie la terre 幸せを呼ぶクリームパン

ブーランジェリー ラ・テールのパンといえば、クリームパン。「しあわせを呼ぶクリームパン」という名前がついています。

名前の通り、パン生地の上にカスタードクリームでスマイルが描かれていて、パン生地の中にはカスタードクリームがたっぷり入っています。

パン生地は、ソフトでふかふか。子供も喜ぶパンです。

 

無添加ベーコンエピパンとか

素材にこだわっていることをウリにしていて、無添加、という表示が目に付きます。

エビではなくエピ。

エピはフランス語で「麦の穂」という意味。麦の穂のような形をしているパンの事をエピパンと言います。

無添加ベーコンエピ

 

無添加エビかつバーガー。

こっちはエピではなく、エビ。(笑)

 

 

子供が喜びそうなあまーいパンも。

boulangerie la terre-10

 

カンパーニュも売っています。

boulangerie la terre-11

 

 

店内

boulangerie la terre eat in

店内に全18席のイートインスペースがあり、コーヒーなど飲み物も買えます。

モーニングにもいいかもしれません。

 

 

カウンター席には、携帯充電用のコンセントも。

boulangerie la terre phone charge

 

 

基本情報

店名 ブーランジェリー ラ・テール 東京駅 京葉ストリート店 (BOULANGERIE LA TERRE)
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 改札内 京葉ストリート 1F
営業時間 7:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 年中無休
席数 18席
禁煙・喫煙 完全禁煙

 

 

関連記事

 

【東京駅構内】人気パン屋さんランキングとおすすめ【2019年完全版】

【東京駅構内】人気パン屋さんランキングとおすすめ【2019年完全版】

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2019年時点で旅行好きの方に一番お勧めでき ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-東京

Copyright© しろくま無添加 写真&子連れ旅行記 , 2019 All Rights Reserved.