スキー キャンプ

【レトロX/R2/R3】パタゴニアのフリースの違いと感想

更新日:

Patagonia R2 Fleece Comparison

パタゴニアといえば、ダウンジャケットやフリースが思いつきますが、中でもフリースは有名ですね。アウトドアでの使用はもちろん、街着でも暖かく使えます。パタゴニアのフリースは何種類か出ていて違いがよくわからない方もいらっしゃるかと思いますが、手持ちのフリースをもとに感想を書いていこうと思います。




パタゴニア R1 R2 R3 R4 レトロX フリースの違い

パタゴニア R1 R2 R3 R4 レトロX フリースの違いは、①フリースの厚さ、②裏地の有無、③デザインの違いの3点です。

フリースの厚さはRの後の数字が大きいほど厚くなります。裏地がついているのはパタゴニア クラシック・レトロX・ジャケットとR3ジャケット。R4ジャケットも裏地付きですが今は絶版です。

パタゴニア クラシック・レトロX・ジャケットは腕が太く、胴回りも太いので、スキーやスノボの中間着にするのには不適だと思います。

キャンプや街着ならパタゴニア クラシック・レトロX・ジャケットでもいいかもしれませんが、スポーツをするならRシリーズをお勧めします。

 

ちなみにユニクロのフリースとの違いはフリース生地の厚さと空気層の違い。

毛足が長く柔らかいフリースはたっぷり空気を閉じ込めて外の冷たい空気を遮断してくれます。

生地の柔らかさとなめらかな手触りもユニクロのフリースにはありません。

 

値段が10分の一程度なので安くて街着にはいいかもしれませんが、スキーやスノボではユニクロのフリースよりパタゴニアのフリースの方が圧倒的に暖かく過ごせます。

 

パタゴニア クラシック・レトロX・ジャケット レビュー

クラシック・レトロX・ジャケットは、パタゴニアの定番のフリースジャケットです。

お値段は29160円也。結構高いですね。笑

防風フィルムが生地の中に入っているので風を通さないようになっています。

モコモコしている質感が特徴のフリースです。

 

色は、毎年異なった色が出ています。同じ色が来年も出るとは限らないので、好みの色があれば、すぐに買っておきましょう。

 

サイズは、ゆったり目に作られていて、腕回りが太くなっているのが特徴です。

見た目はとてもかわいくて、生地も柔らかそうに見えますが、実際に着てみるとゴワゴワします。

とにかく、レトロXの生地は固いです。厚紙をフリースの芯地に厚紙が入っている感じ。

 

多分、防風シートの影響なのかな。

防風シートが入っていてもR4みたいに柔らかいフリースもあるのですが、クラシック・レトロX・ジャケットはかなり固めです。

街着はともかくとしても、レトロXで山登りやスキー・スノーボードに行くのは動きにくいし、正直あまり私は好きじゃないかも。

 

レトロXには、ベストもあるので、ベストを着るのがちょうどいいかも。

ベストも固いですが、あまり動かなくていい分いいかも。

 

ちなみにクラシック・レトロX・ジャケットは、乳幼児用、子供用のもあります。

おしゃれなアウトドア好き家族が着ているイメージです。

お揃いでクラシック・レトロX・ジャケットを着たらかわいいですね。

 

レトロXのおすすめの色

好みの色を選ぶのがいいと思いますが、黒いフリースはカッコいいし合わせやすいけど白いゴミが気になったりします。

赤いフリースはあまり気になったことが無いです。

白いフリースは袖口が汚れやすいけどベストなら大丈夫ですね。

 

パタゴニア R2ジャケット レビュー

23760円のフリース。ジャケットの特徴は、軽くて、フリースのしなやかさと細身のシルエットの美しさです。

手に撮ってみると意外と薄手でビックリしますが、ベロア素材のような触り心地の良いしなやかなフリースです。

スリムフィットなので、細身の人にちょうどいいかも!アメリカンブランドなので、腕は長めです。

カラーリングも毎年違うデザインになるので、欲しいものがあったらすぐにどうぞ。

 

R2ジャケットの感想

海外旅行に行くときにR2ジャケットは便利というのが私の感想です。

 

ポケットは胸ポケット、前ポケット2、内ポケット2です。内ポケットはギリギリ航空券が入ります。

胸ポケットにパスポート、内に財布と航空券、前ポケットに電話を入れておけば保安検査場ではフリースジャケットを脱ぐだけで、通貨できるので便利です。

飛行機に乗った後も、飛行機に乗る際これを着ておくと着心地も良いし、パジャマのようです。暖かいので空調が効いた機内でも快適に過ごせます。

 

 

パタゴニア R3ジャケット レビュー

現時点で一番暖かいパタゴニアのフリース。暖かいフリースが欲しい人にお勧めです。

定価28000円也。

パタゴニアのレギュラーフィットなので、ゆったりとした着心地です。

面白いのは、リバーシブルになってるデザイン。ポケットの数も豊富です。

 

ちょっと、機能的すぎるというデザインは評価も分かれるところです。

 

パタゴニア R4ジャケット レビュー

パタゴニア R4ジャケットは、残念ですが、今は絶版になってしまいました。

パタゴニアで一番暖かいジャケット。

R2と比べると厚手のフリース。少しもさっとしたシルエット。防風シートも入っていますが、防風シートは柔らかくて気にはならない固さです。再販希望です。

 

パタゴニアとモンベルのフリースとの違い

パタゴニアの半額程度のモンベルのフリース。R2ジャケットとモンベルのクリマエアとの違いなど、両方を比べてみました。

【お勧め】 モンベルのフリースジャケットの違いとPatatognia R2と比べた感想 スキーやキャンプにもどうぞ。

 

ふるさと納税で

ふるさと納税でパタゴニア商品が買えるギフト券がもらえます。

【スノピ Patagonia Uniflame他】2018年のふるさと納税でアウトドア用品が一番お得にもらえる自治体

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

Ryze Tech TELLO 1

1万円そこそこの値段ながら性能が高いと評判のDJI Ryze Tech TELLOを実際に使ってみたレビューです。子供の ...

2

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2018年時点で旅行好きの方に一番お勧めでき ...

3

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-スキー, キャンプ

Copyright© しろくま無添加 写真&子連れ旅行記 , 2018 All Rights Reserved.