一条工務店

【一条工務店】防災 備蓄倉庫 建築面積不算入

建築基準法上の建築面積にカウントされないため、容積率の緩和といったメリットが受けられる備蓄倉庫。一条工務店の備蓄倉庫について。

 

備蓄倉庫とは

専ら防災のために設ける備蓄倉庫の用途に供する部分。各世帯で面積の1/50以内であれば設定可能。

容積率を計算する上での建築面積には算入されない。

また、木造準耐火の場合、200平米を超えると防火扉を設定しなければいけないが、この200平米判定からも備蓄倉庫の面積は除外することができる。

備蓄倉庫とした部屋は「表示板」を扉に掲げておく必要があります。

建築基準法施行令

 

一条工務店の備蓄倉庫について

  • 平面図に表記のハンガーパイプの図は削除する必要がある(棚はOK)。 クローゼットとしての利用は不可。
  • 備蓄倉庫の廊下からの利用は問題ない
  • 備蓄倉庫の表示板も指定なし。好きなピクトサインを使用できる。
  • 室名札でも支障なし

関連記事です

おすすめ記事一覧

1

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2020年時点で独身で遊びたい人にも、家族連 ...

2

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-一条工務店

© 2021 しろくま無添加 写真&子連れ旅行記