家探し

【ヤバイ・最悪?】エクスショップ・ガーデンプラスの評判と口コミ体験談

exshop review

外構工事をしようとインターネットで調べると必ず出てくるのが「エクスショップ」や「ガーデンプラス」。エクスショップやガーデンブラスが最安値なのか、エクスショップやガーデンブラスで実際に外構を頼んだかたの評判や後悔ポイントなど、徹底的にまとめます。

 

「エクスショップ」と「ガーデンプラス」

エクスショップ ガーデンプラスとは?

「エクスショップ」と「ガーデンプラス」は違うサイトですが実は同じ会社が運営母体です。

エクスショップは外構を注文したいお客さんを取りまとめる外構専門の営業会社です。

お客さんの確保とカーポートやフェンスなどの外構部材の仕入れだけをエクスショップで行い、外構工事自体はエクスショップでは行わず、提携店というエクスショップの下請けの工務店が行います。

お客さんを捕まえて、提携店というエクスショップの下請けの工務店に工事を発注するビジネスモデルモデルです。

エクスショップの運営は、株式会社デジアラホールディングスという神戸の六甲アイランドにある会社が行っています。

六甲アイランド、「ポートピア連続殺人事件」で出てきたような。(古いか。)

 

エクスショップとガーデンプラスの違い

冒頭説明しましたが、エクスショップとガーデンプラスは運営母体が同じ会社です。

同じ外構商品であれば値段も一緒。

違いは、庭も作るのがガーデンプラス、外構メインなのがエクスショップです。

エクスショップに問い合わせても、ガーデンプラスを紹介される場合もあります。

ガーデンプラスはフランチャイズの外構店を展開していて「ガーデンプラス+地名」の店名で全国展開しているところも大きな違いの一つです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yahlily(@yachako_640)がシェアした投稿

エクスショップ ガーデンプラスの良さ

エクスショップの良さは、メーカー品の外構部品を高い割引率で購入できることと、施工も全国対応で行ってくれることにあります。

 

外構商品が安い

外構費用は、主に①外構商品代と②外構工事費に分けられます。

①外構商品はカーポートやフェンス、テラスやウッドデッキそのものの値段、②工事費用はそれらを設置するときに人件費です。

エクスショップは、LixilやYKK AP等有名メーカー品の外構商品代が安いのが特長です。

エクスショップの安さの理由は購買力と直接発注にあります。

エクスショップはネットでの外構商品販売実績が20年連続全国1位。これを生かして、外構商品をメーカーから直接仕入れで大量発注し安値仕入れにつなげます。

また、Lixilがエクスショップの運営母体の株主にもなっていることも外構商品を安値で仕入れられる理由です。

 

費用概算がすぐわかる

実は、外構商品はエクスショップより安いところもあり、エクスショップが必ずしも最安値ではないのですが、ネット上で商品ごとに見積もりを取れるのは安心感があります。

とくに商品の見積もりはイチイチ登録したり、個人情報を入れたりしなくても簡単にわかるようになっているところも高評価のポイントであると思います。

詳細見積もりも無料でやってもらえます。

現地調査、図面作成が何回でも無料です。

 

営業の連絡が早い

エクスショップは営業会社です。そのため、営業を重視しています。

例えば、外構関連のキーワードを検索すると、エクスショップや関連会社のガーデンプラスのリスティング広告が出てきますし、

見積もりを出すと、すぐに営業から電話がかかってきます。

ただ、営業の電話は、売り込み、というより、どういう予算で、いつ頃、どんな内容の工事を希望するのか?という事務的なもの。

あっさり、さっぱりした電話でした。

 

全国対応

全国830店で対応可能。

中には、離島・島なので対応不可、と断られた人もいるようですが、そういうところでなければ、対応してもらえます。

 

口コミがたくさん

実際にエクスショップを使った人の口コミが読める他、施工事例も写真で豊富に紹介されているのでイメージが付きやすくなっています。

地域別、商品別に口コミや施工事例を検索することもできるので自分の地域を担当する会社がどんな工事を行っているのか、カタログのきれいな写真だけでなく実際に商品を設置するとどうなるのかイメージを持つことができるのは便利ですね。

 

インスタでも#エクスショップでエクスショップの施工事例を多くみることができます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田尾有良(@ariyoshi1207)がシェアした投稿

 

保証制度

商品2年+施工10年の安心保証

 

DIYにも

部材だけ売っているので、ウッドデッキを自分で作りたい人にもぴったり。

土間コンクリート代わりの人気のドライテックも購入できます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

T.asuka(@fly0719a)がシェアした投稿

記事も面白い

エクステリアショップ最大手だけあって情報発信も強化中。

例えば、この記事もブログ的で面白い。

真夏にウッドデッキを素足で歩けますか?(表面温度の計測報告)

 

エクスショップのダメなところ

商品自体は安いのですが、それを組み合わせるセンスのプランニング、施工に問題があったという声も。

この辺の好みで、エクスショップが最悪、と思う人も出てくるようです。

デザイン力

好みがわかれるところかもしれませんが、エクスショップのデザインはよくあるありがちな無難なデザイン。

外構商品を組み合わせた単調なものになってしまうケースが多いです。

外構はフルオーダーで一件一件、敷地の条件や施主の好みがことなります。一つとして同じものはありません。

つまり、外構の良し悪しは商品の選択、配置、色使いなどのプラン作りや提案力などデザイン的なセンスも問われるので、この辺も好みがわかれてしまいそうです。

こんなはずじゃなかった、最悪、とならないよう、施工事例をよく確認するようにしましょう。

逆に単品の発注で商品の比較がしやすい場合にはエクスショップの良さが発揮しやすいかもしれません。

例えばウッドデッキの設置だけとかだと純粋に価格勝負ですもんね。素敵なデッキができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤 祐美(@yumi_spring)がシェアした投稿

施工もバラツキがある

トラブルが皆無というわけではありません。

これはどこの会社でも同じかもしれませんが、施主の側でもしっかりとチェックを行うことが必要です。

 

施工業者の対応もまちまち

エクスショップが下請けに使っている業者の対応もまちまちなようです。

なんか変だよ!エクスショップ

 

最安値ではない

外構費用は商品代だけでは決まらないので、工事費を含めた安さだけでいえば、実はエクスショップの他にも安い会社はあります。

ただ安くやってくれて、工事品質もそこそこなところを探すのが大変なんですよね。

 

 

エクスショップのライバル

全国規模で展開している外構営業業者がほとんど見当たらないので、唯一の会社で同業にライバルは存在しないかもしれません。

一方で、外構工事は地場の会社が多く手掛けているので、直接、自分で電話帳片手に一軒一軒、問い合わせを行う必要があります。

 

全国レベルに拡大中

エクスショップと同じような業態の会社。

Web広告が少ないのでそこまで知られていませんが、施主支給品や業者向けに使われている人が多いようです。

キロ

定番のカーポート、フェンスの他、ピザ窯も売っていたりして見ているだけで面白いです。

 

 

 

南関東

南関東であれば、こことかが大規模にやっているようです。

スペースガーデニング

 

ここは毎月5件限定をうりにするエクステリアショップ。

https://www.yu-kikobo.com/

 

オシャレな外構

オシャレな外構を求めるなら賞を受賞したところとか。

さすが全国規模の外構コンテストだけあってどこもため息が出るようなできばえ。

LIXILエクステリアコンテスト2020

LIXILエクステリアコンテスト2019

LIXILエクステリアコンテスト2018

 

数年分のコンテスト受賞作品を見ると常連の施工会社とかがわかります。

例えばこの会社とか。

 

ワイズギャラリー

 

メーカー推奨店

三協アルミ 庭すまいるショップ

 

 

エクスショップ・ガーデンプラスにどこで申し込むか?

外構一括比較

多くのサイトで勧められますが、私も、新築の外構を検討するにあたって、一括見積もりサービスを使いました。

 

一括見積サービスは、工事場所で業務を行っている業者に対して、一度に見積もり請求ができるので便利です。

住所、予算、工事予定時期などの情報をいれると、工事場所を対象エリアとする会社が出てきます。

候補の会社の中からチェックボックスにチェックを入れて、見積もりを依頼する流れになします。

 

エクスショップ・ガーデンプラスも見積もり依頼候補の会社の中に出てきたので、チェックボックスをつけて依頼してみました。

それが、私のエクスショップ・ガーデンプラスとの出会いです。

 

各社毎に必要情報を送らなくていいので、一括見積はお勧めです。

「外構・エクステリア」の他、チェックボックスにチェックをつければ、リビング、玄関、キッチンお風呂等のリフォーム業者との一括見積依頼ができます。

 

見積もりをもらった後、営業電話がかかってくるとか、しつこい営業が来るのを心配しましたが、見積もりが出た後は、まったく営業電話もかかってきませんでした。

反応がない客に対応しているほど、暇ではないみたいです。(笑)

 

エクスショップ概要

 

2020年3月31日期決算

会社名代表者名住所直近の純利益
株式会社エクスショップ加島 雅子兵庫県神戸市東灘区4億0900万円 (+27.41%)
株式会社ガーデンプラス溝口 努兵庫県神戸市東灘区1億3500万円 (+128.81%)
株式会社デジタルアライアンス有本 武司兵庫県神戸市東灘区1300万円 (▲31.58%)
岡家具工業株式会社有本 武司福岡県大川市▲1100万円 (赤字縮小)
デジアラキャピタル&パートナーズ株式会社有本 哲也兵庫県神戸市東灘区▲1200万円 (赤字拡大)

 

社名株式会社デジアラホールディングス
本社神戸市東灘区向洋町中6丁目9番
神戸ファッションマート 10F
関東支社横浜市港北区新横浜3丁目8番8号
日総第16ビル
TEL078(846)4401
E-Mailmail@d-a.co.jp
設立2000年04月
資本金99,464,500円
従業員数185人
業務内容インターネットを利用した大型住宅設備機器等の販売
インターネットを介したエクステリア外構工事等の全国展開
新規BtoCチャネルの企画・構築・運営
デジタルコンテンツ企画・制作
各種サーバー構築・管理
代表者代表取締役社長
有本武司
主要株主株式会社マルテ
フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
NM KOBE合同会社
株式会社 LIXIL 他
グループ会社株式会社エクスショップ
株式会社ガーデンプラス
株式会社デジタルアライアンス
岡家具⼯業 株式会社
デジアラ キャピタル&パートナーズ 株式会社

 

関連記事です

-家探し

© 2021 しろくま無添加 写真&子連れ旅行記