カメラ

【初心者にやさしい】私がオリンパスのペンシリーズをお勧めする理由

最近のiphoneやスマホのカメラ機能は一昔前のデジカメを上回る性能ですが、もっときれいな写真を、思い通りにとりたいなら一眼レフやミラーレスカメラがお勧めです。一眼レフやミラーレスカメラはなんとなくよさそうということはわかっていても、CanonやNikon、ソニーにペンタックスといろいろな会社から色々なカメラが出ているので、初心者でこれからカメラを始めてみようと思ってもどの会社のどのモデルがお勧めかわかりづらいですよね。

結論から言ってしまえば、私はオリンパスのミラーレスカメラのペンシリーズをお勧めします。

お勧めの理由とペンシリーズのどのカメラをどういう風に買えばよいか、説明しますね。

 

オリンパスペンシリーズ

オリンパスペンシリーズは、ミラーレスカメラでマイクロフォーサーズ規格を採用しています。

なんのことだかさっぱりわからないかもしれませんが、カメラ初心者の方にでもわかるように簡単に解説していきます。

 

ミラーレスとは?

性能の良いカメラには大きく二つの種類があって、一つは一眼レフともう一つはミラーレスカメラです。違いは、写真を撮るときにのぞき込むファインダーが鏡を使っているのが一眼レフ、鏡を使わずにビデオ信号でモニターに表示されるのがミラーレスです。

初心者には難しくて何を言っているかわからないかもしれませんが、鏡を通すのが一眼レフ、ミラーレスは、文字通り鏡を省いたカメラと覚えておけば間違いありません。

長い歴史をもつのは一眼レフ。今でこそミラーレスカメラは一般的になりましたが、最近の技術でできたカメラです。

このミラーレスカメラを初めて実用化したのが、オリンパスとパナソニック。

オリンパスとパナソニックが作ったミラーレスの規格をマイクロフォーサーズといいます。

 

マイクロフォーサーズとは?

マイクロフォーサーズは、写真を記録するセンサーのサイズ。携帯に使われる1/2.3インチのセンサーの8倍の大きさがあります。

一般に、センサーサイズが大きいほうが画質が良いとされていて、プロが使うカメラは、フルサイズと呼ばれる規格であったり、APSと呼ばれる規格であったりします。

センサーサイズは、大きければ大きいほど画質が良く良いカメラか、というとそうでもなくて、センサーサイズが大きいと、その分レンズを大きくする必要もあるので、重くて大きいカメラで持ち歩きにくくなってしまいます。

マイクロフォーサーズは画質とカメラの大きさ重さのバランスのいい規格です。

 

オリンパスペンシリーズの良さ

オリンパスペンシリーズのカメラのいいところは、①画質が良く、②ピント合わせも速くて、③手振れ補正が強力、④小さくて軽い、⑤携帯にも簡単につながるところなど。

 

オリンパスペンシリーズの良さ 画質が良い

オリンパスペンシリーズのミラーレスカメラはソニー製のセンサーを使っています。但し、カメラの画質を左右するのは、センサーだけではなく、レンズも重要です。良いレンズで集めた光を良いセンサーに送って、しっかり手振れなくとる事が大切です。ペンシリーズはマクロフォーサーズ規格のレンズがすべて使えるので、オリンパスだけでなく、パナソニックのレンズも使えます。

一般的な標準ズームと呼ばれる普段使いのレンズですら種類が多くて困ってしまうほどです。

>> キットレンズの次に買うレンズ オリンパス パナソニック マイクロフォーサーズのおすすめ標準ズームレンズ

 

 

オリンパスペンシリーズの良さ ピント合わせが速い

ピントが正確に素早く合わないとぼけた写真になってしまいストレスが溜まります。

写真を撮りたい瞬間に、ピントが合ってほしい場所にすっとピントが合ってシャッターがすぐ切れるのが理想のカメラですが、オリンパス以外のミラーレスカメラはピントが合うのがもたついたりします。オリンパスはミラーレスを作ってきた歴史が長いので、全体的にどのモデルもピントがすっと合います。

 

オリンパスペンシリーズの良さ 手振れ補正が強力

初心者の失敗写真で多いのはピンボケと手振れ。ピンボケはカメラのピント合わせがサポートしてくれますが、手振れも手振れ補正機能がサポートしてくれます。

手振れ補正の方式は会社によって異なるのですが、オリンパスの技術はセンサーを浮かしてブレをなくすというもの。

カメラ本体に手振れ補正がついているので、手振れ補正がついていないレンズでも手振れ補正の効果が得られます。

手振れがしやすい、夜景の撮影はもちろん、夕方の暗いときの写真、片手で撮った写真もピタッとキレイにぶれずに撮れます。

手振れ対策で、いままで三脚が必要とされていた場面でも手で持って取れるので荷物を少なくできるので本当に便利です。

初心者にはわかりにくい機能ですが、一度手振れ補正がついているカメラを使いだすともとには戻れなくなります。

ちなみに、手振れ補正は特別な設定をすることもなく、買った状態で使えるようになっているので、初心者の人は気にせずこの機能を使いこなすことができます。

 

オリンパスペンシリーズの良さ 小さくて軽い

マイクロフォーサーズ規格の良さは小さくて軽いところ。他社のカメラより軽く小さくできているので、持ち歩きに便利です。

大きく思いカメラも持っているとわかるのですが、重いカメラでは持ち歩きが億劫になってしまうんですよね。

いざ持っていくぞ! という気合というか決意というかが、大きいカメラには必要ですが、ペンシリーズのカメラは小さく軽いので、気軽に持ち歩けます。

写真が上手になるためのコツの一つは一つはカメラを持ち歩いて、多くの写真をとること。だそうです。

上達にも近道なカメラです。

 

 

オリンパスペンシリーズの良さ 携帯にも簡単につながるところやアートフィルター

携帯につなげてSNSにも簡単に投稿ができるようになっています。

まぁ、これはオリンパスのペンシリーズだけの特徴ではなくて最近のカメラであれば、どこでも同じようなことができるようになっています。

 

但し、オリンパスの携帯接続のすごいところは、スマホに送った画像をカメラと同じように盛ることができるところです。

ペンシリーズには、アートフィルターと呼ばれる写真をキレイにする機能がついているのですが、スマホでも同様にこれらを使うことができます。

 

 

オリンパスペンシリーズ

2017年現在売られているオリンパスペンシリーズは、pen Fとよばれる機種とペンライトシリーズの2種類。

昔、販売されていたペンシリーズのカメラと合わせて紹介します。

 

Olympus PEN-F

オリンパスペンシリーズの最上位機種。最新のセンサーに最新の手振れ補正機能を付けた機種です。

どこかレトロでカメラの底までこだわった上質なデザインは、若い人だけではなく、年配の人にも人気です。

Olympus PEN-F 評価とレビュー

 

 

Olympus ペンライト

オリンパスの人気の色は黒ですが、明るい白色も人気色だそうです。

ペンFとライトの違いは、手振れ補正など一部の機能が簡略化されているところです。

>> オリンパス ペン E-PL8 評価とレビュー E-PL7との違いと正直な感想。

 

オリンパスペンとOMDの違い

初心者用のモデルでは、デザインの違いが大きな違いで中身に大きな違いはありません。

なので、好みのデザイン、色で選ぶといいと思います。

上級者用のモデルになってくると、水しぶきや砂埃に強くなったり、ピント合わせがより速くなったりします。

初心者用にはこちらもお勧めするので参考にしてください。

>> OM-D E-M10 Mark3 レビューと評価

 

オリンパスペンシリーズ関連記事

オリンパスペンシリーズは初心者がこれからカメラを始めるにはぴったりの機種だと思います。カメラ中上級者でも、サブ機に持っていきたくなるような魅力があります。

 

オリンパス ペン E-PL8 評価とレビュー E-PL7との違いと正直な感想。

Olympus PEN-F 評価とレビュー

 

初心者向けにおすすめのオリンパスミラーレスカメラ

【初心者向け一眼レフカメラの選び方】 2017年人気のおすすめを予算別に紹介します

【初心者向け】ミラーレス一眼カメラの選び方 2017年版

 

 

関連記事です

-カメラ

おすすめ記事一覧

1
無印良品で実質35%引きで買い物をする方法

目次1 無印良品で実質35%引きで買い物をする方法 ソニーストアやノジマでも同じ ...

2
【終了決定7月迄 2017年最強の還元率57%以上】ふるさと納税でモンベル商品券 モンベルポイントに交換してみた

  目次1 モンベル・コールマンのふるさと納税の返礼率の変更について小 ...

3
無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無 ...

4
【無料】子供分の海外旅行傷害保険もカバーしてくれるクレジットカード

目次1 子連れで海外旅行に行く場合のクレジットカードは?2 我が家のお勧めのクレ ...

5
【2017年】初心者向けにおすすめのオリンパスミラーレスカメラ

スマホじゃとれないキレイな写真を撮ろうと思ったけど、一眼レフ、ミラーレス、色々あ ...