ギリシア・クロアチア

4日目 つづき ギリシャ ピレウス (アテネ) / 地中海・エーゲ海 クルーズ乗船記

2016/08/23

4日目 II ギリシャ ピレウス (アテネ) つづき

さて、フリーになったわけですが、ベビーカーも二台あるし、子供二人を担いでパルテノン神殿に上るのは大変そう。お腹もすいたことだし、よさそうな感じのレストランを求めて、町歩きのスタートです。

(結局、パルテノン神殿は行けませんでしたが、もしベビーカーで丘の上まで行ったよ~という方がいれば教えてもらえると嬉しいです)

 

アテネでランチ

ちょっとふらふらしていたら、早速、賑わってそうなお店を見つけました。オープンテラスで日よけのかさもあり、なかなかいい感じです。

まずは、ギリシアのビールを注文。

さすがは国際観光都市、アテネ。観光客がほしいものが何であるかをちゃんとわかってくれています。

無添加おうちごはん ロシア編

 

ビールのおつまみは、ギリシャ名物、オリーブです。

新鮮でおいしかったな。

無添加おうちごはん ロシア編

 

レストランのメニューは残念ながらなんとなくしか読めませんが、英語の通じるレストランだったので、問題なし。

ウェイターさんに周りの人が食べているものと、ギリシアの名物をください!とお願いしました。

そして、出てきたのがこれ。

葡萄の葉でお米やお肉をくるんだドルマデスというギリシャ料理。

右のチーズがかかっているのがそうです。みんなこれを食べていました。

無添加おうちごはん ロシア編

 

中はお米とお肉とハーブかな?

独特の味ですが、美味しいです。ロールキャベツに近いと思いました。

きっとレストランや家によって味が違うんでしょうね。

無添加おうちごはん ロシア編

 

ギリシアのお勧めの季節

このレストランでは、隣の席がデンマークからお越しのご夫婦。ご主人が画家らしく、テラス席でパイプを咥えてスケッチしている姿がなんとも素敵でした。

パパが娘をお手洗いに連れて行っていった間、私の席の横を、サングラスの売り子さんが何度も通ったのですが、「カバン気をつけなさい」(スリ・物取りが多いらしい)と教えてくれたのがきっかけで、少しだけお話しました。

ギリシャが大好きで、何度も来ているそうです。夏は暑すぎるから、日本で言うところのゴールデンウィーク頃の今の時期がちょうど良いと教えてくれました。

そういえば、一昨日ベネチアにいたときは、ジャケットかコートだったのですが、ギリシアは南にあるせいかみんな半そでを着ています。

ほんのり暑いぐらいでちょうどいい感じです。確かに、今ぐらいが気持ちいいなと思いました。

無添加おうちごはん ロシア編

 

アテネ街歩き

ランチの後、レストランの裏に、素敵な路地を見つけて写真を撮りました。

無添加おうちごはん ロシア編
無添加おうちごはん ロシア編

無添加おうちごはん ロシア編

アテネからピレウスまでの移動

さて、お腹もいっぱいになったことだし、今度は帰りのことを考えました。

道路には、タクシーや街を回っている観光客向けのバスが沢山走っています。

タクシーも割と簡単につかまりそう。

しかし、時間に余裕があったので、私たちは地下鉄で帰ることを決意!

船の出港時間に遅れると、乗客は容赦なくおいていかれるそうです。

無事に船まで帰れるかな~ドキドキ。

まずは地下鉄の駅に行くため、再びアクロポリスに戻りました。

駅って、簡単に見つかりそうだけど、これがなかなか見つからない。目印の美術館まではきたけど、駅らしいものが見当たりません。

駅の場所を確認するため、美術館に入るパパ。

私たちは入り口で待っていました。

無添加おうちごはん ロシア編

ここ、美術館の入り口なんですが、なんと道の下が遺跡になっていました。

場所によっては、足元が透明になっていて、下が見えます。

下を見るとこんな感じ。

面白いです!

無添加おうちごはん ロシア編

場所を確認したパパと、再び駅目指して街歩き。

だけど、大体の場所は分かるのに、見当たらない!

仕方なく、その辺のお店のお姉さんに聞いてみたら、英語で丁寧に教えてくれました。

無事に駅まで着くと、今度は切符。

切符売り場のお姉さんに伝えると、どうやら乗換えをしなければならないみたい。ホームの場所も聞いたけど、ギリシャ語じゃよく分からず、不安なまま改札を通り、ホームへ。

しかし、ホームも入り口がいくつかあり、どの階段を降りたらいいのか分からない!!

どうしようどうしよう・・・・ときょろきょろしていたら、切符を買う際に後ろにいたお姉さんが助けてくれました。

ホームの場所と、乗り換えのことを詳しく教えてくれました。

この姉さん、現地の人らしいけど、英語を話せる人だったのでラッキー!

観光できていることを告げると、私たちが小さな子供を二人連れているのをみて「大変でしょ?」と心配してくれていました。

私がピレウスを訪れた4月25日は真夏のような暑さで、ノースリーブやキャミソール一枚の人も見かけるくらい気温が高かったけど、お姉さんが言うには、前の週は雨で気温もかなり低く、寒かったそうです。

私たち、天気に恵まれたみたい♪雨だとベビーカーは使えないし、街歩きもできなかったよね。

電車に乗る前にお礼を言って、お姉さんと別れました。

乗り換えでは、またしてもホームで迷ったので人に尋ねました。

今度は親切なカップルが丁寧に道案内してくれて、無事に乗り換え完了!

電車はなんと落書きだらけ。一箇所とかそんなレベルではなく、デザインと見間違えるほど、車体全体に派手に描かれていました。

車内は汚いわけでもなく、普通。

窓ガラスにヒビが入っているのはよく見かけました。

終点のピレウス駅は地上駅になっています。↓

無添加おうちごはん ロシア編
無添加おうちごはん ロシア編

車内では、ベビーカー二台で入りましたが、子供二人ともお昼寝していたので、乗ってきた学生らしき女の子が二人を見た後私をみて微笑んでくれました。

アイコンタクトなので、私の一方的で親バカな妄想ではありますが、

「あなたの子供たちかわいいわね」と言われているように聞こえました。

 

ピレウス

無事に目的地のピレウス駅まで着くと、今度は船着場まで歩きます。

途中、サングラスを売っている出店を発見。

サングラスを旅行に持ってきていなかったので不便な思いをしていた私たち。

英語が通じたので、値段を聞いてみました。

するとパパが二つ買うとしたらいくらになるかと値段交渉。

少し安くなりました。

子供用のサングラスを見つけたので、三つ買うといくらになるか、再び値段交渉。

もう少し安くなりました。

サングラスを相場を知った私たちは、別のお店でも値段を聞いてみました。

そいしてパパ、私、子供の三つを合わせて約1500円という最安値でサングラス三つをGET。

サングラスの後は、トイレに行きたいと言い出した長女のために、その辺のお店でオレンジジュースを買い、トイレを借りました。フレッシュジュース、どこにでもあるようなスタンドでしたが、結構美味しかったです。

そして次に買ったのはアイス。キオスクみたいなところで買いました。

無添加おうちごはん ロシア編

この陽気なおじさんがやっている小さなお店で買いました。

1ユーロだったかな。

ギリシャ語全く分からないけど、挨拶したら、別れ際に飴をくれました。

どうやら、昔、船員さんをしていて、日本にも行った事があるよ、みたいなことを言ってたような気もします。

ありがとうおじさん!またくる事があったらアイスを買いにくるからね。

無添加おうちごはん ロシア編

バニラっぽかったけど、日本やロシアで食べるのとはまた違った味!!

牛乳や香料によってアイスの味も違うのかな~

無添加おうちごはん ロシア編

地下鉄駅から船着場までは30分くらいだったかな。

集合時間の一時間前には船についたし、これで冒険終了!!

ツアーもいいけど、自分の足で巡るのはもっと楽しい!!

船に帰れば、今度は夕食、そして船内にある劇場でショータイム!!

食事に関しては、いつかまとめて書きます!!

これにてピレウス観光の記録終了。

明日は、白い壁、青い屋根の建物が立ち並ぶ美しい島として有名なサントリー二島です!!

旅はまだまだ続きます。

 

ギリシャ サントリーニ 1 (テンダーボートで移動) / 地中海・エーゲ海 クルーズ乗船記

ギリシャ サントリーニ 1 (テンダーボートで移動) / 地中海・エーゲ海 クルーズ乗船記
4月26日(金) 晴れ この日は、サントリーニに着くのが朝の7:00。 朝食のブッフェ会場は、張り切って早起きした人で朝早くからに...
4日目 II ギリシャ ピレウス (アテネ) つづき

さて、フリーになったわけですが、ベビーカーも二台あるし、子供二人を担いでパルテノン神殿に上るのは大変そう。お腹もすいたことだし、よさそうな感じのレストランを求めて、町歩きのスタートです。

(結局、パルテノン神殿は行けませんでしたが、もしベビーカーで丘の上まで行ったよ~という方がいれば教えてもらえると嬉しいです)

ちょっとふらふらしていたら、早速、賑わってそうなお店を見つけました。オープンテラスで日よけのかさもあり、なかなかいい感じです。

まずは、ギリシアのビールを注文。。

さすがは国際観光都市、アテネ。観光客がほしいものが何であるかをちゃんとわかってくれています。

無添加おうちごはん ロシア編

ビールのおつまみは、ギリシャ名物、オリーブです。

新鮮でおいしかったな。

無添加おうちごはん ロシア編

レストランのメニューは残念ながらなんとなくしか読めませんが、英語の通じるレストランだったので、問題なし。

ウェイターさんに周りの人が食べているものと、ギリシアの名物をください!とお願いしました。

そして、出てきたのがこれ。

葡萄の葉でお米やお肉をくるんだドルマデスというギリシャ料理。

右のチーズがかかっているのがそうです。みんなこれを食べていました。

無添加おうちごはん ロシア編

中はお米とお肉とハーブかな?

独特の味ですが、美味しいです。ロールキャベツに近いと思いました。

きっとレストランや家によって味が違うんでしょうね。

無添加おうちごはん ロシア編

このレストランでは、隣の席がデンマークからお越しのご夫婦。ご主人が画家らしく、テラス席でパイプを咥えてスケッチしている姿がなんとも素敵でした。

パパが娘をお手洗いに連れて行っていった間、私の席の横を、サングラスの売り子さんが何度も通ったのですが、「カバン気をつけなさい」(スリ・物取りが多いらしい)と教えてくれたのがきっかけで、少しだけお話しました。

ギリシャが大好きで、何度も来ているそうです。夏は暑すぎるから、今の時期がちょうど良いと教えてくれました。

そういえば、おとといベネチアにいたときは、ジャケットかコートだったのですが、ギリシアは、南にあるせいか、みんな半そでを着ています。ほんのり暑いぐらいでちょうどいい感じです。確かに、今ぐらいが気持ちいいなと思いました。

無添加おうちごはん ロシア編

ランチの後、レストランの裏に、素敵な路地を見つけて写真を撮りました。

無添加おうちごはん ロシア編
無添加おうちごはん ロシア編

無添加おうちごはん ロシア編

さて、お腹もいっぱいになったことだし、今度は帰りのことを考えました。

道路には、タクシーや街を回っている観光客向けのバスが沢山走っています。

タクシーも割と簡単につかまりそう。

しかし、時間に余裕があったので、私たちは地下鉄で帰ることを決意!

船の出港時間に遅れると、乗客は容赦なくおいていかれるそうです。

無事に船まで帰れるかな~ドキドキ。

まずは地下鉄の駅に行くため、再びアクロポリスに戻りました。

駅って、簡単に見つかりそうだけど、これがなかなか見つからない。目印の美術館まではきたけど、駅らしいものが見当たりません。

駅の場所を確認するため、美術館に入るパパ。

私たちは入り口で待っていました。

無添加おうちごはん ロシア編

ここ、美術館の入り口なんですが、なんと道の下が遺跡になっていました。

場所によっては、足元が透明になっていて、下が見えます。

下を見るとこんな感じ。

面白いです!

無添加おうちごはん ロシア編

場所を確認したパパと、再び駅目指して街歩き。

だけど、大体の場所は分かるのに、見当たらない!

仕方なく、その辺のお店のお姉さんに聞いてみたら、英語で丁寧に教えてくれました。

無事に駅まで着くと、今度は切符。

切符売り場のお姉さんに伝えると、どうやら乗換えをしなければならないみたい。ホームの場所も聞いたけど、ギリシャ語じゃよく分からず、不安なまま改札を通り、ホームへ。

しかし、ホームも入り口がいくつかあり、どの階段を降りたらいいのか分からない!!

どうしようどうしよう・・・・ときょろきょろしていたら、切符を買う際に後ろにいたお姉さんが助けてくれました。

ホームの場所と、乗り換えのことを詳しく教えてくれました。

この姉さん、現地の人らしいけど、英語を話せる人だったのでラッキー!

観光できていることを告げると、私たちが小さな子供を二人連れているのをみて「大変でしょ?」と心配してくれていました。

私がピレウスを訪れた4月25日は真夏のような暑さで、ノースリーブやキャミソール一枚の人も見かけるくらい気温が高かったけど、お姉さんが言うには、前の週は雨で気温もかなり低く、寒かったそうです。

私たち、天気に恵まれたみたい♪雨だとベビーカーは使えないし、街歩きもできなかったよね。

電車に乗る前にお礼を言って、お姉さんと別れました。

乗り換えでは、またしてもホームで迷ったので人に尋ねました。

今度は親切なカップルが丁寧に道案内してくれて、無事に乗り換え完了!

電車はなんと落書きだらけ。一箇所とかそんなレベルではなく、デザインと見間違えるほど、車体全体に派手に描かれていました。

車内は汚いわけでもなく、普通。

窓ガラスにヒビが入っているのはよく見かけました。

終点のピレウス駅は地上駅になっています。↓

無添加おうちごはん ロシア編
無添加おうちごはん ロシア編

車内では、ベビーカー二台で入りましたが、子供二人ともお昼寝していたので、乗ってきた学生らしき女の子が二人を見た後私をみて微笑んでくれました。

アイコンタクトなので、私の一方的で親バカな妄想ではありますが、

「あなたの子供たちかわいいわね」と言われているように聞こえました。

無事に目的地のピレウス駅まで着くと、今度は船着場まで歩きます。

途中、サングラスを売っている出店を発見。

サングラスを旅行に持ってきていなかったので不便な思いをしていた私たち。

英語が通じたので、値段を聞いてみました。

するとパパが二つ買うとしたらいくらになるかと値段交渉。

少し安くなりました。

子供用のサングラスを見つけたので、三つ買うといくらになるか、再び値段交渉。

もう少し安くなりました。

サングラスを相場を知った私たちは、別のお店でも値段を聞いてみました。

そいしてパパ、私、子供の三つを合わせて約1500円という最安値でサングラス三つをGET。

サングラスの後は、トイレに行きたいと言い出した長女のために、その辺のお店でオレンジジュースを買い、トイレを借りました。フレッシュジュース、どこにでもあるようなスタンドでしたが、結構美味しかったです。

そして次に買ったのはアイス。キオスクみたいなところで買いました。

無添加おうちごはん ロシア編

この陽気なおじさんがやっている小さなお店で買いました。

1ユーロだったかな。

ギリシャ語全く分からないけど、挨拶したら、別れ際に飴をくれました。

どうやら、昔、船員さんをしていて、日本にも行った事があるよ、みたいなことを言ってたような気もします。

ありがとうおじさん!またくる事があったらアイスを買いにくるからね。

無添加おうちごはん ロシア編

バニラっぽかったけど、日本やロシアで食べるのとはまた違った味!!

牛乳や香料によってアイスの味も違うのかな~

無添加おうちごはん ロシア編

地下鉄駅から船着場までは30分くらいだったかな。

集合時間の一時間前には船についたし、これで冒険終了!!

ツアーもいいけど、自分の足で巡るのはもっと楽しい!!

船に帰れば、今度は夕食、そして船内にある劇場でショータイム!!

食事に関しては、いつかまとめて書きます!!

これにてピレウス観光の記録終了。

明日は、白い壁、青い屋根の建物が立ち並ぶ美しい島として有名なサントリー二島です!!

旅はまだまだ続きます。

関連記事です

-ギリシア・クロアチア

おすすめ記事一覧

1
無印良品で実質35%引きで買い物をする方法

目次1 無印良品で実質35%引きで買い物をする方法 ソニーストアやノジマでも同じ ...

2
【終了決定7月迄 2017年最強の還元率57%以上】ふるさと納税でモンベル商品券 モンベルポイントに交換してみた

  目次1 モンベル・コールマンのふるさと納税の返礼率の変更について小 ...

3
無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無 ...

4
【無料】子供分の海外旅行傷害保険もカバーしてくれるクレジットカード

目次1 子連れで海外旅行に行く場合のクレジットカードは?2 我が家のお勧めのクレ ...

5
【2017年】初心者向けにおすすめのオリンパスミラーレスカメラ

スマホじゃとれないキレイな写真を撮ろうと思ったけど、一眼レフ、ミラーレス、色々あ ...