カメラ

【おすすめ】スマホ用のマクロレンズ AUKEY PL-WD06 レビュー

更新日:

macro lenses for smart phone

スマホのカメラは本当に性能が良くなっていて、プロでもスマホで写真を撮ったりすることもできるレベルになっています。ただ、高性能なスマホでもどうしても苦手な被写体があります。例えば、接写してものを大きく撮ったりしようとすると、ピントが合わずにぶれてしまいます。そんなときに、役に立つのがスマホ用のマクロレンズ。お勧めのレンズを選んでみました。

 

スマホ用のマクロレンズ

マクロレンズとは?

とりたいものに近づいて撮ろうとするとピントがあわなくなってしまいます。これは普通のレンズのピントを合う範囲が、接写用に作られていないから。

 

接写用のアダプターを使えば、被写体に近づいて撮ることができます。

一眼レフやミラーレスのマクロレンズは安いものでも3万円ぐらいからですが、スマホ用のマクロレンズはなんと100円から。300分の一です。

 

スマホ用のマクロレンズ

小さくてクリップのようなレンズをつけて使います。ネクタイピンやマイクのピンのような形なので、気楽に持っていけます。

各社からいろいろと出ていますが、今回つかったものは、ネクタイピンぐらいのサイズでコンパクト。

バックに入れておくと便利かも。

画質も良かったです。

Aukey macro lenses for smart phone

 

スマホ用マクロレンズレビュー

実際に家の料理を使って撮ってみました。

きれいに撮れますね。

 

料理写真

ご飯の写真を撮ってみました。

この日の献立は、ボルシチとシラス卵ご飯。

ミニトマトをiPhoneで撮ってみます。これはマクロレンズなし。

 

近づくと、マクロレンズなしではぼけてしまいますが。。。

macro lenses for smart phone review

スマホ用のマクロレンズをつけると近くまで寄ってもくっきり撮れます。マクロレンズはピントが合う範囲が狭いので、ミニトマトの全域にピントは会いませんが、ヘタの産毛が撮れています。

まるで顕微鏡のよう。

スマホ用マクロレンズレビュー

 

ボルシチのディルもきれいに撮れました。

macro lenses for iPhone

 

雪の結晶

今度は雪の結晶の写真を撮ってみようと思います。

早く冬にならないかな~。

関連記事:【スマホやミラーレス・一眼レフ】雪の結晶の写真を撮る方法

 

今回使用したスマホ用レンズ

Aukeyという会社のレンズを使いました。100均でもありますが、3000円するだけあってきれいに撮れました。

広角レンズもついています。

 

 

Aukeyは、モバイルバッテリーも作っています。

冬場、スキー場ではスマホの電源はすぐになくなってしまいますが、これとマクロレンズをもって、スマホで雪の結晶がどこまで撮れるか、試してこようと思います。

関連記事:AUKEYのモバイルバッテリー 10000mAh PB-N42 レビュー

 

関連記事です

おすすめ記事一覧

Ryze Tech TELLO 1

1万円そこそこの値段ながら性能が高いと評判のDJI Ryze Tech TELLOを実際に使ってみたレビューです。子供の ...

2

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、2018年時点で旅行好きの方に一番お勧めでき ...

3

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無料でビジネスクラスでハワイ旅行に行くため ...

-カメラ

Copyright© しろくま無添加 写真&子連れ旅行記 , 2018 All Rights Reserved.