しろくま無添加 子連れ旅行記&カメラ

写真 カメラ 北海道の温泉巡り 海外旅行とか コメント歓迎です。

節約術

ポートフォリオ設計

2018/04/26

フィナンシャルプランナーにポートフォリオ設計を聞いてきました。

忘れないようにメモ。

 

年齢、リスク許容度、家族構成に合わせて株式、債券、その他の資産クラスをうまく組み合わせることが大切。

ポートフォリオの設定が、資産形成の良しあしを左右する。

 

株式

株式は長い目で見れば年率7%程度のリターンが見込めます。

但し、変動率が高いので、最悪、半分になってもいいような資産として考えておくべきでしょう。

年齢にもよりますが、全資産の30%~40%が目安です。

 

配当は再投資。20%の税金が引かれた後で再投資をメインにしましょう。

 

お勧めのファンドは、国内株なら投信。

【2018年最新版】FPお勧めの直販投信

 

海外株なら、ブラックロック、バンガード、ステート・ストリートが作っているファンドが人気です。

最近では、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」が人気。

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の投資対象は、アメリカの投信会社であるバンガード社の超人気ETF(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT))。

VTは、先進国と新興国、大型株だけではなく中小型株の指数であるFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動することを目指しているファンドです。

ETFをそのまま買えばいいじゃないか、と思われるかもしれないのですが、楽天の人気は手間の少なさ。

投信にすることで、積立が気楽にできます。

 

債権

結局証券会社のお勧めの商品は、証券会社が売りたい商品が多い。

自分でネットで気になるものをみつけるのが吉。

 

 

Private Equity Fund

金融資産がある程度になってくると、いわゆるプライベートバンクのサービスが受けられるようになります。

日本でも口座開設ができるのはUBSとか。

ホンコン辺りまで行けばHSBCで口座が開けます。

 

 

一任勘定取引、IPO、私募債、私募リートといったものから、ランドバンキングといったちょっとあまり聞いた事がないものまで。

ちょっと怖い気もしますが、マスにはなかなか出てこない金融商品があるそうです。

 

関連記事です

-節約術

おすすめ記事一覧

1
【デメリットも】SPGアメックスのメリットと裏技 まとめ 4年使ったからわかる事

スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カードは、20 ...

2
無印良品で実質25%引きで買い物をする方法

昨年のキャンペーンでは最大35%以上でしたが、今年は25%引き。それでも、大分お ...

3
【2018年4月最強の還元率57%以上】ふるさと納税でモンベル商品券 モンベルポイントに交換してみた

  (2018年4月追記)小谷村のお得なモンベルポイントへの交換は壊滅 ...

4
無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由

目次1 無料でビジネスクラスでハワイ旅行が出来る理由2 ポイントサイトとは3 無 ...

5
【無料】子供分の海外旅行傷害保険もカバーしてくれるクレジットカード

子連れで海外旅行に行く場合は、もしも怪我や事故にあった時のための保険をどう掛ける ...

6
【2018年】初心者向けにおすすめのオリンパスミラーレスカメラ

スマホじゃとれないキレイな写真を撮りたいけど、カメラは、「一眼レフ」、「ミラーレ ...